子どものための哲学対話

子どものための哲学対話」を読む。再読。

自分は何のために生きるのか…なんて答えが欲しくて興味を持った哲学(学生時代)。今でもひとつの答えは見つからないけど、思考法として自分に溶け込んでいる。この本は子どものためと銘打ってるけど、子どものままの大人のためにもなる。僕とか、アダルトチルドレンとか、あなたの役に立つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください