理性の限界

理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性

アロウ、ハイゼンベルク、ゲーデルらの思索を平易に解説しつつ、人類が到達した「選択」「科学」「知識」の限界論の核心へ。知的刺激にみちた、「理性の限界」をめぐる論理学ディベート。各章のテーマにそって仮想パネルディスカッションをしていて、理解の助けとなってくれる。素晴らしく良本だった。

目次は下記。

序章 理性の限界とは何か
第1章 選択の限界
 投票のパラドックス / アロウの不可能性定理
 囚人のジレンマ / 合理的選択の限界と可能性
第2章 科学の限界
 科学とは何か / ハイゼンベルクの不確定性原理
 EPRパラドックス / 科学的認識の限界と可能性
第3章 知識の限界
 ぬきうちテストのパラドックス / ゲーテルの不完全性定理
 認知論理システム / 論理的思考の限界と可能性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください