人類は「宗教」に勝てるか

人類は「宗教」に勝てるか―一神教文明の終焉 (NHKブックス)

キリスト教と仏教に精通している学者が語る非/反宗教論。著者のプロフィールには神学者ともあり、宗教を内側から見た上で述べる意見は鋭い。ただテーマが壮大なわりに大雑把な部分が多かった。

目次

第1章 エルサレムは「神の死に場所」か
第2章 世界最強の宗教は「アメリカ教」である
第3章 多神教的コスモロジーの復活
第4章 無神教的コスモロジーの時代へ
第5章 “愛”を妨げているの誰なのか
第6章 ヒロシマはキリストである

読んで頭に浮かんだショウペンハウエルの言葉。

宗教はホタルのようなもので、光るためには暗闇を必要とする。

世界の形が変われば人が信じるものも変わるということだ。僕はクリスチャンホームに生まれ、世界との矛盾を感じながら育ったので、思うところが大きかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください