2010年11月の入手理由

試験的な試み、入手理由

本は17冊。仕事本は2冊。漫画は13冊。CDは3枚。

雑誌は「Safari」「COURRiER Japan」「Foresight(Web版)」を定期購読中。東京のおいしい店を特集した「Hanako (ハナコ) 2010年 12/9号 [雑誌]」と美しき蕎麦を特集した「dancyu (ダンチュウ) 2011年 01月号 [雑誌]」も買った。

その他、Apple TVを購入して使い始めたが、音楽の共有と映画のレンタルで便利。やはり久しぶりに買ったゲームに時間をとられている感じがする1ヶ月。

  • 生命力
    [2010/11/30] アルバムに収録されている「世界が終わる夜に」を非常に気に入った。→お目当ての曲以も聴きはじめている。
  • MOON LIGHT MILE 21 (ビッグコミックス)
    [2010/11/30] コミック収集。→また展開が大きくなってきて面白い。引き続き読むが設定が破綻する前に上手くまとめ上げて欲しい。
  • イン ザ・ミソスープ (幻冬舎文庫)
    [2010/11/28] 読みたかったのを古本で見つけた。村上龍のウツ小説らしい。→読了。最高に楽しんだ。ただし残酷な内容に注意。村上龍が本書を執筆しているときに、神戸で少年A事件が起き、 隆が長い作家生活で、初めて現実と自分が書いている小説との区別がつかなくなったという曰く付きの小説。
  • よつばと!(10)(DC)
    [2010/11/26] コミック収集。→読了。安定して面白い。
  • Demon’s Souls(デモンズソウル) PlayStation 3 the Best
    [2010/11/26] またやりたくなった。→再々購入。やはり面白い。
  • デザインパターン―オブジェクト指向における再利用のための (ADDISON‐WESLEY プロフェッショナルコンピューティングシリーズ)
    [2010/11/25] 読みたかったのを古本で見つけた。→職場に置いてスキマ時間に読んでいる。
  • 独身者の科学(セックス)―愛の傾向と対策 (河出文庫)
    [2010/11/24] 読みたかったのを古本で見つけた。→読了。変態にはたまらないエロス雑学本。面白かったので本棚へ。
  • Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2
    [2010/11/24] 宇多田ヒカルのファン。→特典など含めて最高の満足度。
  • Amazonベーシック TOS-Link(トスリンク) デジタルオーディオ オプティカルケーブル (1.8m) [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
    [2010/11/23] iMac/iPhone/iPadからApple TV経由でアンプ出力するため。→非常に便利になった。
  • Apple TV
    [2010/11/23] 光テレビのコストパフォーマンスの悪さが嫌になり解約。そのタイミングでiOS4.2.1がリリースされ、Air Playの利便性に魅かれた。またStoreのコンテンツが充実してきたなど。→徐々に生活に組み込まれていく。
  • まだ旅立ってもいないのに
    [2010/11/20] 一巻で完結する面白い漫画を探していたら評判。→読了。現代人の抱える倦怠感や無気力など退廃的な内容を上手く描写している。楽しい漫画ではないが、風刺としてとても興味深い。正直、俺か?と思った。
  • 入門 自然言語処理
    [2010/11/22] 評判と好奇心。→積読。ObjectCを先にやれとの指令。
  • 現代語裏辞典
    [2010/11/20] 筒井康隆。待ってました。→トイレの本棚に置いて、用を足すたびにパラパラめくっている。抱腹絶倒。それでいて深い。普通に言葉を調べるときに、筒井さんの新解釈も同時に見たい。
  • 世界史B用語集
    [2010/11/19] 世界史Bを買ったついで。→枕元の本棚へ。だらだら読む。
  • 詳説世界史B 改訂版
    [2010/11/19] 最新版が手元に欲しかったから。→枕元の本棚へ。だらだら読む。
  • ロボットは涙を流すか (PHPサイエンス・ワールド新書)
    [2010/11/18] 新書で評判。→読了。アンドロイド研究の第一人者が研究の最前線を語る。SF映画をモチーフにするのは面白いが中身が軽い。過去は神話が、現在はSFが、人の知的好奇心をかきたてるという意見は面白い。
  • 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法
    [2010/11/17] 新書で評判。→読了。日本社会へ得体のしれない反発感を持つ人への激励。ひねたような独特の文体で書かれているのも面白い。残酷な現実を見つめ、次の一歩を。
  • 時砂の王 (ハヤカワ文庫JA)
    [2010/11/17] 読みたかったのを古本で見つけた。→読了。小川一水氏によるタイムリープもの。僕は著者の作品に良く合っているのだと思う。非常に面白かった。タイムパラドックス解決の工夫なども素晴らしい。著者のSF作品は追い続ける。
  • もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)
    [2010/11/17] 読みたかった。→読了。たまらなくアイラウィスキーが呑みたくなる。村上春樹は長編よりエッセイの方が好きかも。これは宝のような一冊。
  • 若い読者のための短編小説案内 (文春文庫)
    [2010/11/17] 読みたかったのを古本で見つけた。→読了。本を読むことの喜びを再確認できる。改めて村上春樹という人物の懐の深さを知る。
  • エイリアン9-コンプリート (チャンピオンREDコミックス)
    [2010/11/14] 一巻で完結する面白い漫画を探していたら評判。→読了。日常の中にいるエイリアンと少女たちの物語。一風変わった設定は人を選ぶ。物理的にも精神的にもグロさがあって楽しめたが、再読するほどではない。
  • スタンダードブルー (ヤングキングコミックス)
    [2010/11/14] 一巻で完結する面白い漫画を探していたら評判。→読了。近未来海洋SF。面白かったが再読するほどではない。
  • 長い道 (Action comics)
    [2010/11/14] 一巻で完結する面白い漫画を探していたら評判。→読了。普通であって普通でない人々の日常を描く。ギャグマンガなのだけど、どこか切なく、どこか憂いがある。こうの史代氏の独特な作風が不思議な余韻を生み出している。再読するかしばし迷う。
  • GOGOモンスター
    [2010/11/14] 一巻で完結する面白い漫画を探していたら評判。→元々は3巻あったのをまとめたもの。未知に対する気味の悪さを上手に描いていて再読したくなる。もう少し物語性があっても良かった。
  • いびつ 1 (ヤングチャンピオンコミックス)
    [2010/11/12] 友人のお薦め。→読了。変態漫画。面白いけど続きは読まなくていいか。
  • 歌がチカラ
    [2010/11/12] KOKIAのファン。過去作品で所持していなかった。→曲はほとんど聴いたことがあったが、買って良かった素晴らしい作品。
  • songbird
    [2010/11/12] KOKIAのファン。過去作品で所持していなかった。→曲はほとんど聴いたことがあったが、買って良かった素晴らしい作品。
  • 魔女 1~2 (IKKI COMICS)
    [2010/11/3] 評判。→読了。漫画という表現方法を活用した素晴らしい作品。未知というテーマを徹底したプロットと画力で描いている。時間を置いてまた再読したい漫画。
  • 「つながり」を突き止めろ 入門!ネットワーク・サイエンス (光文社新書)
    [2010/11/3] 新書で評判。→読了。ネットワークに着目して、さまざまな分野について書かれた良書。IT革命によってさらに速度と量を増したネットワークの怖さと魅力がよく判る。非常に面白かった。
  • 粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)
    [2010/11/3] 新書で評判。→読了。粘菌の知性を持ったようなふるまいを科学的に研究した内容。とても興味深く読んだ。著者はイグノーベル賞の受賞者で、それを喜んで受け止めている点も共感できた。
  • 読まずに小説書けますか 作家になるための必読ガイド (ダ・ヴィンチブックス)
    [2010/11/3] 評判。→読了。表題の通りの内容で間違いはないだろうし、岡野宏文さんと豊崎由美さんエッセイとしては面白い。ただ二人の好みに偏りすぎた内容に思える。紹介された本で読みたい本はあった。
  • 無菌室ふたりぽっち
    [2010/11/3] 評判。→良書。著者自身ともう一人の闘病者を描くことによる物語性と、著者が記者であるゆえの客観性が、素晴らしく良いバランスを生み出している。人は進んで痛い思いをする必要はない。つまり闘病記など読まなくても良い。しかし不幸への備えは必要であり、感情的に訴えすぎない本書はその入門に良いと思う。
  • ご当地「駅そば」劇場―48杯の丼で味わう日本全国駅そば物語 (交通新聞社新書)
    [2010/11/3] 趣味。→読了。駅そば礼賛がとても自分の趣味に合う。紹介されたものの中で、せめて関東圏の店はぜひ行ってみたいと思う。
  • さんかれあ(1) (少年マガジンコミックス)
    [2010/11/3] ゾンビ+萌え属性のマンガと評判。→読了。物語も絵も少し軽いが続きを読みたくなった。次巻の展開が良ければ収集か。
  • 生活【完全版】 (モーニングKCDX)
    [2010/11/3] 一巻で完結する面白い漫画を探していたら評判。→読了。地味で小規模でどこにでもあるような生活、そこから派生する非日常の面白さ。よくできたプロットで展開する物語が楽しめる。しばらく寝かせてからもう一度ゆっくり読みたい。
  • 黒鷺死体宅配便(14) (角川コミックス・エース 91-20)
    [2010/11/2] コミック収集。→読了。安定して面白い。やっと主要メンバの秘密が明かされはじめる動きに。大塚英志氏の作品は好きなのだが、冗長的になりやすいのでここから展開が速くなると嬉しい。
  • 孤独のグルメ 【新装版】
    [2010/11/2] 一巻で完結する面白い漫画を探していたら評判。→読了。食に対する男の独り言が描かれた独特な雰囲気を持った漫画。それがリアルでシュールで味がある。もっと続けて欲しい。
  • 逆算メモ術 ~結果を出している人の実践テクニック~ (マイコミ新書)
    [2010/11/1] 知的好奇心。→読了。良書。僕はもともとメモを活用できている方だと思っているが、さらに新しいアイディアに出会えた。メモ=人生と言い切る姿勢が好き。アウトプット、目標に向けてのメモをこれからも心がけたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です