年始のお酒まとめ

日々の記録は難しい。

1日。昼から実家に帰り、お雑煮とおせち。夜は家族で恒例のすきやき。缶ビールを少し。自宅に戻ってから本を片手にボウモア12年を半ボトルほど。

2日。友達と神楽坂へ呑みに行く。鉄板焼きしこたまで食事。その後、割烹店が営業しているシャンパンバー前田レスキャリエでグラス3800円のシャンパン(高くてビビッた)など2杯。さらに、ル・ブルターニュでガレットと赤ワイン。本格的な呑みはじめ。

3日。また七福 弁天庵で熱燗を呑んでから蕎麦。ここで呑むのは安くて気楽で良い。肝心の蕎麦がもう少し旨ければなお良い。

4日。半日仕事をしてから美濃屋文右衛門大塚本店に寄る。いかげそをアテに蕎麦焼酎の蕎麦湯割りを呑みながら読書。〆に重ね合鴨せいろを食べる。

この年末年始は、二日酔いになるほど呑まず、かと言って昼酒もせず、良い酔いを楽しめた。今年もよろしくお願いします(今さら)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください