Berryz工房2014春ツアー(2)

Berryz工房10周年当日(3/3)のコンサートに参加してきた。

Berryz工房10周年

「Berryz工房デビュー10周年記念コンサートツアー2014春~リアルBerryz工房~」東京ドームシティホールにて。

10周年のBerryz工房は堂々として素敵だった。これまで走り続けてきたように、大きな節目もひょいと超えていった。この夜の感動は、10年たゆまぬ努力を続けた彼女らと、それを応援してきたファンが作り出したものだった。だからいつも以上に、昔っから応援してきた人たちが羨ましく思えた。メンバーの感謝は長年のファンに向けられていたから。

最初のMCでメンバーから「今日、3月3日で10周年を迎えました!」との言葉。つんく♂さんから「プロデューサーとしてもあなたたちのことをリスペクトしていますよ」と嬉しい手紙の紹介。そこからはあくまでツアーの中の1公演としてライブは進行する。

Berryz工房ライブでのアンコールは「ベリーズ行くべ!」とコールする。この日はネット上での呼びかけもあり「ベリーズ10年!」のコールが響く。

アンコールは1stシングル「あなたなしでは生きてゆけない」ではじまり、2ndシングル、3rdシングルとノンストップで続く。ステージ上の大型ビジョンには、10年前と今の彼女らが交互に映し出された。10年間を詰め込んだ圧巻のステージ。前回までと違うセトリに、このまま最新34thシングルまで徹夜でも聴きたい!とも思う。

そしてメンバーそれぞれの言葉。「なんかほんとに……泣かないよ?」「年をとって涙腺が弱くなった」と笑いを誘いながらも、「すごい飽きっぽい子たちが多い」「喧嘩も多かった」「一言でありがとうございますっていうと、なんか物足りないなって」と10年を振り返る。嗣永桃子はつんく♂さんに「なんでももちをBerryz工房にしてくれたのか」を尋ねたエピソード(※)を披露。「こんなに居心地の良いグループはいないんじゃないかなと思うくらい素敵なグループだと思います」って自分たちが思えるのは素敵だ。

「bye bye またね」がラストナンバー。「♪BYE BYE 明日はもっと大好き BYE BYE 私の贅沢なあなたとの時間…」ステージ上と客席すべてが思いが歌詞に載せられていた。

笑顔に溢れ、感動があり、これからもBerryz工房を応援していこうと思える夜だった。

関連:

  • Berryz工房2014春セトリ
  • Berryz工房2014春ツアー(1)
  • ツアー予定(オフィシャルサイト)
  • 11年目|ももちこと 嗣永桃子 Berryz工房オフィシャルブログ
  • ライブ映像:

    つんく♂プロデューサーの手紙全文:

    3月3日です。今日で丸10年、11年目に突入やね。10歳の記念日おめでとう。まあ、そりゃ確かにモーニング娘。も16年とか17年とか、その歴史はすごい。ただ、メンチェンありきのそれ。Berryz工房は人数こそは減ったものの、新メンバー加入することもなく、基本的にこのメンバーでやって来たこと、それは本当にすごい事だなと思います。それは、それですごいこととしてここで言わせてもらいましょう!ここまでこのメンバーでやって来たからこそ…そろそろ…ここらで…Berryz工房も新メンバーを…募集したりせずやっていこうと思うので、メンバー気合入れて新たなる一歩を踏みしめてもらいたいと思います。正直、思春期~恋愛期の女の子たちが10年間も集団でのグループ活動をやってくるなんて、そりゃあケンカもするでしょう!みたいなかんじでやってきたとは思う。これまでも何度かコメントしてきましたが、俗に「アイドル」という職業は4年が限界なんだと思ってます。それを超えてここまでやってきたのは本当にすごい。普段俺もプロデューサーとしていろいろ指示は出しますが、そういった点では、あなたたちのことリスペクトしていますよ。それは、ファンの皆さんもわかってくれてるでしょう。だから今日もこんなにたくさんの皆さんが平日にもかかわらず…(どうやって仕事サボってきたかは知りませんが…)集まってくださったわけですから。今年はオリコン一位目指してBerryz工房らしく素敵な実をかっこよく実らせましょう!では、がんばりや。

    Berryz工房10周年記念は涙!つんく♂からのドッキリ手紙も

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください