オモチャ(iMac)を買った

いらいらして買った。オモチャなので上位モデルは避けた。後悔はしていない。

iMac

iPhoneはAppleの販促品だと思う。初代iMacがPCをはじめて持つユーザを獲得したのとは違って、飽和したPC市場でのシェア争奪戦略だと感じる。同じく飽和状態にある携帯電話市場に投入されたiPhone。その影にAppleの野望が見え隠れしているような。ハードウェアとソフトウェアを組合わせ、情報をシームレスに扱える感覚が心地よい…

えー、何と言おうと衝動買いです。

ヴェルディ×鹿島(カシマスタジアム)

東京駅から高速バスで鹿島。名物のモツ煮を食べながらキックオフを待つ。

キックオフ直前から、かなり強い雨。濡れっぱなしで応援。

結果は、1-4で負け。うーん。先週の良い試合の後だけに悔しい。

ヴェルディ×鹿島

初のホーム戦。キックオフ2時間前からスタジアムに行き、その興奮を楽しむ。相手は昨年の王者。前節で4得点をあげた鹿島だ。相手に不足なし…とは自信を持てない。それが正直な気持ちだった。

結果は0-2での敗北。

悔しかった。これほど悔しいと思うのはいつ以来か、と思うほど。

試合が終わった直後、ゴール裏から「東京ヴェルディ」のコールが沸く。結果よりもこの戦いが素晴らしかった証。トップリーグで戦うチームには結果が伴わないとダメなんだ。僕らもそれを望んでいる。勝点が欲しい。それでも、激励せずにはいられない。そんな一戦だった。

前節と同じスタメン。2点を奪われたけれど、メンツに問題はないように思う。昨年(J2)までの長いシーズンと交代枠の少なさから思う不安はあまり感じない。まだ和田が自分の役割をはっきり判ってないようには思う。廣山が戻ってくる時間が多いのは、相手が鹿島だったからだけじゃないような、ちょっとした不安。あそこに海本を入れてみたいなあ。

あとはレアンドロなんでしょうか。運動量はいいなと。ポジショニングは(僕はまだここまで判らないけど、友達が言うに)悪くない。ボールを扱う柔らかさは芸術的だと思うほど。ただ、もっとゴールを向いて欲しい。今のヴェルディで一番得点して欲しい人なんだから。後に、ディエゴ、廣山、飯尾がいる。だからこそ、あなたに決めてもらいたい。思いっきり打って、外してもフォローする人がいるんだから。チームを信じて!

今日、負けたのでね。鹿島ホーム戦は絶対に行きます。勝って、襲われる前に逃げるように帰ってやる。帰りのバスでビール飲みながら。

あー悔しい。でも、悔しいと思えるようなゲームで良かった。

J1開幕、ヴェルディ×川崎

超ウツだったんだけど、友達から託されたチケットを無駄はできぬと気合で等々力まで行く。頑張って行って良かった!

等々力は観ずらいので、前半は守備、後半は攻撃、と近い方からじっくり。

守備は頼りがいがあるなあ。ボランチにコンバートした富澤に注目。危機への臭覚が良く、那須と土屋の鉄板と合わせて非常に心強い守備。服部の安定感は文句のつけようなし。和田、福西はまだ迷いがあるように見えた。でもこれからだろう。J1屈指のFW陣と言われる川崎にまったくひけをとらない。もっとも川崎の3トップはお互いを潰しあっていて怖くなかった。フッキだけでシュート10本だったらしいけど、危ないと思ったシーンは少なかった。

では攻め。まず全体的にラインをコンパクトにできている。それゆえ、後ろから無駄な動きなしで前線にボールが送られる。それを飯尾、廣山が豊富な運動量でかきまわす。ディエゴ、レアンドロに出すだけではなく、自ら切り込む、自ら打つ。とても小気味良い。外国人2人はまだまだ体が重たい印象だが、これからに期待が持てると確信。ディエゴには昨年の信頼が。レアンドロには要所で魅せてくれるプレーに可能性を感じる。

途中交代で入った河野はよく走った。大野はチームをより攻撃的にしてくれる。平本は果敢にゴールへ体を向け、同点のPKをもぎとる功労賞。これでやっと「おかえり、一樹!」と言えた気がした。DF陣の怪我や4バックの不調でもない限り、しばらくは今日のような使われ方をするのだろうけど、腐らずにその気持ちを保ってくれ。必ず、スタメン平本って日が来るよ。

シーズンオフの練習の中で、監督コーチ陣をはじめ、選手達もずっと不安だったのだと思う。自分たちがやっていることは本当に正しいのか?と。それを確かめる最初の日。ドローだったけど、十分、自信を持てる内容だった(ジャッジに負かされるところ、よくぞ追いついた)。

とにかく、久しぶりのゲームで感動。ちょっとウツが吹き飛んだ。

次節は、昨年王者。鹿狩だ!

39.6度は夢の世界でした

バレンタインデーの朝、熱っぽいと思いながらも気合で出勤。でも、ふらふら。熱を測ったら39.6度…ここから僕のラブリーな数日がはじまる。

とにかく頭は冷やそうと思って、冷ピタを、おでこ×1、首の動脈×2、わきの下×2、とベタ貼り。人に感染しちゃイカンとマスクもつける。女性の皆さまからバレンタインの贈り物×11(←自慢)頂く。

とにかくシャレにならないほど辛くなってきたので早上がりする。結果、超調子悪いのにチョコ欲しさで出勤したバカ男の一丁あがり。ってか、あやしい人です。マジで。いやー通いなれたはずの通勤路が長え長え。

医者でインフルエンザ確定判定。タミフルを処方される。

あとは土曜日の朝まで、ずーっと夢うつつ。体が辛いってのはあるけど、ふあふあしていて、何となく貴重な経験ができたような…あー死ぬかと思った。

今日いっぱいは酒もタバコも自重。

東京ヴェルディのシーズンチケットを買う

今期は自由席ではなく、ワンランクあげて1969シートを買う。昨年、ヴェルディ以外の試合もいくつか観に行ったが、横から観るサッカーもなかなか面白い。たまにはゆっくりした場所に友達を誘いたい。少しは売上に貢献したい。ってのが理由。

ま、そのほとんどは自由席(ゴール裏)で使うことになるんだろうけど。笑

友人のサッカー通の話を聞くと、あと2週間ほどでチームの全体像が見えると言う。まだかのう。うーまだなのかのう。今ある情報だけで想像してもwktkしている。我慢ならず妄想する日々。

・4-4-2の図(実際は1-5-4に近い形で妄想)
       鈴木   レアンドロ
   ディエゴ          廣山
     大野(菅原)  福西
服部    那須   土屋   海本
        義成(土肥)

・3-4-1-2の図(昨年の不調を脱した安定陣形)
      鈴木   レアンドロ
         ディエゴ
服部  菅原(大野)  福西  海本
   富澤  萩村(那須)  土屋
        義成(土肥)

・俺が観たい選手で構成する4-3-3の図(さすがにないかな…)
         レアンドロ
    平本         飯尾
         ディエゴ
    菅原         福西
服部  萩村(那須)   土屋   海本
        義成(土肥)

最後のは、平本にしっかり頑張って欲しい、その時は飯尾と一緒にプレイして欲しいって思いで考えた。他にもいっぱい観たい選手がいる。左右サイドバックができる和田とか、先発に長身の船越で後発で廣山とか、平も柴崎も福田も、そして若者も。ああ、楽しみ。

開幕は3/9のアウェイ戦。3/16は初ホーム戦。もう目の前なのです。

サッカーが好きになってきた

母校が高校サッカー全国大会出場。しかも開幕戦とのことで、年末30日は国立に足を運ぶ。そして勝った。

1/1は天皇杯決勝。応援する東京ヴェルディ、J1への昇格は果たしたけど進出ならず。でも、日本のサッカー好きにはたまらない「サッカー初め」の雰囲気を楽しんでくる。少しだけ嫉妬も感じる。

1/2は勝ち進んだ母校の応援に行く。そしてまた勝つ。母校の勝利に沸き、敗れたチームの涙でもらい泣き。試合終了のホイッスルと同時に泣き崩れる相手選手たち、それを助け起こし行く母校の後輩たち。プロではなかなか見られない光景。その純粋さ、僕がとっくの昔に忘れていたものを目にしてきた。いいねえ。熱い。

1/3はまた彼らを観に行く。

だんだん、一時のマイブームではなくなってきた感、サッカー。

ブルーノートで盛り上がり、今年の目標決めた

年の瀬、大晦日、どう過ごすか、迷っていたわけじゃないけど、他人まかせ。誘われれば乗るし、誘われなければ自宅で心行くまで飲もうと、バーボン(メーカーズマーク)を用意していた。

そこに、友達からお誘い。ブルーノートに行こうって。

ブルーノート東京は何度か行ってるけど、大晦日ははじめて。スペシャルライブだよね…マット・ダスク・ビック・バンド。名前は聞いたことがあるよ、イイ男+素晴らしい20人超のバンド。そのゲストにサラ・ガザレク。おお、こちらも名前は聞いたことあるよ。あ、家捜しをしたらアルバム持ってた。そんな、僕でも知ってるほど有名人のライブ…というわけで、大いに満足してきた。

気分ほくほく。その後、そば食べて、カラオケ歌いながら年越して、方々から頂く新年のメールに応えながら、2時過ぎに自宅着。いやあ楽しかった。

んで。やりたいと思ったこと。

趣味薄い自分に一味、やっぱり楽器をひとつ学ぼう。加えて、趣味と実益を兼ねる語学をひとつ学ぼう。何より優先すべきは心身の健康。そして、これまでの楽しみを減らすことなく、新しいことをやってやるのだ。この目標は贅沢かね?

でも頑張りますよ。同じ方向性で目標持っている方、ぜひご一報を。一緒に頑張る仲間がいるとモチベーションになるもんね。それでさ、友人知人を驚かせてみよう。

そんなこんなで、今年もよろしくお願いします。

今年の俺ベスト3

  1. 友達すごい
  2. 読む本に書き込み(後からその本を10分で読み直せるに)
  3. 思ったことをすぐにメモ(Moleskin)

の3本です。総評、デジタルからアナログへ。

1位、マジで死ぬかと思ったから間違いない。2位、これをはじめたら、BLOGに本のこと書く必要なくなった。最初は本に書き込みすることに抵抗あったけど。3位、今、実感中。

友達には、ま、俺の人柄?なんて、自分を誇らしく思えるほど心から、ありがとう。感謝感謝でダントツ。その他、GTDやらLifeHackやら、流行に踊らされないよう、いろいろ淘汰しつつ実践できたものが残った。

実はもうひとつ実験中のものがある。GTD→43folders→PoIC→43Tabs→自分好みな要素追加で。考えすぎ、ゆえに不安になる自分に革命をもたらす…かもしんない方法。これは来年の自分を変えるヨカーン。上手くいったら大いに語る。

歯軋りをイメトレで乗り越える

数年前から寝ているときに歯軋りをしている。

最初、奥歯に鈍痛を感じて気が付いた。その後、数日で激痛に変わり、あわてて歯医者に駆け込んだ。所見でもレントゲンでも原因は見当たらず、とりあえずかみ合わせの調整をして、鎮痛剤を処方してもらった。

その時、気休め程度に言われたのが、

「睡眠時のくいしばり(=歯軋り)が原因かもしれないから、寝る前に、口は閉じても、上の歯、下の歯の間をあける。空気を軽く挟んでるように、と意識してみて」と言われた。

さっそく、その日の夜から実践。もともと寝付きが悪いせいもあるのか効果てきめん。ほんの数日で痛みがなくなった。その後、ストレスによって歯軋りをしているのは確実っぽいことが判る。

激痛前の鈍痛、鈍痛前のアゴの疲れ、そうなった時はイメージトレーニング。

口は閉じても、歯と歯の間に空気があるよ…
口は閉じても、歯と歯の間に空気が…
口は閉じても、歯と歯の…
口は閉じ…

これを相乗効果ってのか、単純なことだけ考えていた方が眠りにつきやすいというオマケつき。睡眠薬、飲み始めた頃に比べ、随分と量が減ったのもこのおかげかもしれない。

今朝、久しぶりにアゴの疲れを感じつつ起床。今夜はイメージトレーニングしながら寝るだ。言いようによっちゃ、おまじないな。俺って、単純だな、とも思う。人によって様々だから、一概には言えないことだけど、歯軋りで困っている人は試す価値ありまっせー