久しぶりの嫌な感覚

あまり眠れないまま朝を迎えた。強い不安感に襲われる。枕元の薬を飲む。布団から出ることもままならないので、寝る前にペットボトルに水を入れて置くのが習慣になっている。久しぶりの嫌な感覚。しばらく何も考えないようにして、身体を丸め、ただただ気持ちが落ち着くのを待つ。

いつもより1時間ほど遅れで起床してオフィスに向う。あとはいつもと変わらない一日。

—–

雑誌「dancyu 2011年1月号」が「美しき蕎麦」という特集を組んでいる。地元で大好きな蕎麦屋「みとう庵」も取り上げられていた(p72)。お店の努力が認められて、客である自分も少し鼻が高い。でも混み過ぎないといいな。

蕎麦屋の味の浮き沈み

自宅の近くにあるそば屋、美濃屋文右衛門大塚本店。数年前までは別の場所に本店があり、そこが僕のお気に入りの旨い店だった。看板は重ね合鴨せいろ。

元の本店は駅から離れたところにある老舗で地元に愛されていた。二代目は、池袋や大塚に支店を開き、少しずつ店を拡大していった。僕も近い大塚店に通うようになる。

そして代替わり。元の本店を閉めて、大塚店が本店となった。しばらくして蕎麦がまずくなり、おしながきも居酒屋のように変化した。僕は残念で足を運ぶことがなくなる。

重ね合鴨せいろ

今年の夏、通い続けたラーメン屋が閉店してしまい、呑みながら本を読める場所を探していので、数年ぶりに入ってみた。酒とつまみだけでそばを頼むことはない。まわりの客も呑むばかりで、そばを頼む人は少ない。これはこれで落ち着くので、また月に何回か通うようになる。

最近、呑んでできあがった常連さんに、小さな盛りそばを出していることに気付いた。それを出してる二代目の話を聞くと、うちはそば屋だからそばをそばを食べて帰って欲しい、とのことでサービスらしい。

それで今日は軽めに呑んでから、久しぶりに重ね合鴨せいろを頼んだ。ああ、昔の味に戻っている。つけ汁には鴨と牛蒡の味と香りがよく出ている。小さめのせいろを重ねたり、数種の薬味がつく遊び心も楽しい。何より蕎麦が美味しくなっていた。嬉しかった。ぜひもっと旨いそばを目指して欲しい。

博多長浜らーめんぼたん

長浜らーめんぼたんついにタイトルが博多長浜らーめんぼたんである。今日で7日連続で通っている。

僕が好きになったことは飽きるまで執拗に続ける性格であることは先日のエントリーでも書いたが、さすがに深夜のラーメンは健康管理上、非常に危険なので何とかしたい。

そこでこの店がいかに優れているかを語り尽し、自分を「飽きた」と錯覚させようという試みがこのエントリーである。

2004年の初夏、大塚に博多長浜らーめんぼたんが生まれる。ラーメン好きの自分はすぐに入店。濃厚な豚骨スープでトロリとしながら、控えめな塩分で素材の味を押し出し、意外なほどサラリとした後味が旨い。麺にもこだわり、製麺所に細やかな指示を出しているらしい。博多長浜ラーメンの東京における新星という趣であった。

何より素晴らしいのが店員の探究心である。オープンから数年が経ち、客の数が安定するにつれ、スープは劇的な成長を続けた。粗さや乱れが徹底的に排除され、純粋で整然とした風味と旨味があふれる。豚のふくよかな…飽きたかな…。

さすがに7夜連続はやめる。

友達と食事

昼にオフィスの近くまで来るという友達からお誘い。いつもTwitterでつぶやいている支那麺はしごに行ってみたいとのこと。確かに友達が年に30回も行く店は気になるね。いつも通り旨い。

夜は飲みに行くつもりだった同僚に帰られたという友達からお誘い。魚の気分だと言うので、見つけたばかりの魚蔵居に行く。ここ最近で大当たりのお店。刺身など新鮮で安く量も満足。〆にあら汁を100円でいただけるのも好感的。お店の方の口癖は「魚だけで良ければいつでも来てください」だ。

友達と解散。さて週末、地元でもう一杯やってから帰った。

だらだら呑んでしまう

昨日すでに金曜日だと思っていたので、今日は一日が長かった。

仕事が終る頃に先輩から呑みのお誘い。待ってましたと飛びつく。先輩とは趣味も合うし、仕事の相談もできるし、とにかく酒好きなので、まったり時間を忘れて呑む。帰る気になったのは3時近く。馬鹿呑みはしないので二日酔いにはならないけど、もう少しスマートに切り上げるようにした方がいいですね。など話ながらタクシーで帰る。楽しかった。

—–

旨い立ち食いそば屋が好きで、機会があると立ち寄るのが習慣。

虎ノ門の峠そば、げそ天そば。揚げたて茹でたて旨いねえ。326/ #men365 (写真)

このお店は、立ち食いそば評論で有名なサイト立ち食いそば紀行でも長年トップを守っている名店。店内には福沢諭吉の言が張ってある。
“だらだら呑んでしまう” の続きを読む

友だちと食べるご飯は旨い

昼は、昨年まで職場が一緒だった友だちが、オフィスの近くまで行くと連絡をくれた。妹が勤める系列店、Oyster Bar&Restaurant Ostrea 赤坂見附店でランチ。パスタを頼むと、前菜、サラダ、牡蠣フライ、デザートなどがビュッフェで食べられる。ドリンクバーまでついて1000円とは素晴らしいサービス。生野菜たっぷり、揚げたて牡蠣フライ、日替りパスタ、食後にはデザートとコーヒー。久しぶりに会った友達とゆっくり話ができた。

夜は、最近とても忙しそうな友だちが、思わず早く上がれたと連絡をくれた。疲れた身体に優しく温かいものをということで、渋谷のていふ庵に入った。売りの塩おでんが旨い。他に、春菊、みょうが、わけぎ、しそ、水菜などが入った和香草サラダが逸品だった。一見でまた再訪したいお店に出会えてほっこり。気兼ねなくゆっくり話ができた。

いつも自分は一人が好きだと思っているけど、やっぱり友だちと食べるご飯は旨い。今日も忙しい一日だったけど、気持ちすっきり。週末に向けて頑張ろう。

魅惑の深夜らーめん

おつまみ明太子この数日、午前は逗子での仕事が入っている。いつもの仕事は午後からはじめるので帰りが遅くなる。終電で帰るとお店はほとんどやっていないけど、一息つきたいのが飲兵衛の性。腹も減っている。

そんな時は地元の博多長浜らーめんぼたんに行く。おつまみ明太子を頼むと小皿にたっぷり出してくれる。これをチビチビつまみながら、本を読みつつ、ウーロンハイを2~3杯。至福の時。

〆にらーめん。ここは味が安定しいて本当に旨い。とても濃厚なとんこつスープなのに、切れが良くてやみつきになる。今週は3度目の来訪。

九州のラーメンというと「バリ」や「ハリガネ」と言ったように、麺を固めにして食べるイメージが強いと思う。でも僕は「ヤワ」でお願いする。昼食などメシで食べるときは固いのが好きだけど、シメで食べるときは柔らかいくらいが好きだ。

深夜に食べるラーメンは禁断の果実。だから魅力的で旨いんだよね。

ついに黒レザーを手に入れた

Free's Shop 黒レザーブルゾン憧れていた黒レザーブルゾンを手に入れた。

革ジャンと言えば大人の男の必須アイテム。笑。

実はレザーデビューは昨年の冬に果たした。一目惚れしたキャメル色。それはそれでとても気に入っているのだけど、やはり黒を先に手に入れるべきだった。安物買いの銭失いを避けたかったので、昨シーズンはぐっと我慢。今シーズンの秋冬ものが出始めてからは、ずっと雑誌などをチェックしていた。

手が届く値段で初心者の自分でも着こなせそうなもの…迷いに迷ってFree’s Shop Menの今年モデルが第一候補に挙がる。試着は週末にしようと思っていたけど、仕事途中で時間が空いたので渋谷のお店へ行く。シープレザーの柔らかさ、大きめの襟、短めの丈、カタチのよいジップ、程よいしわ…即決だった。

けっこうスリムなデザインなので改めてダイエットの決意も高まる。冬も本番になるとパーカーと合わせたいから、その分の肉を身体から落としておかないと。着るのが楽しみ。

—–

午前は逗子にあるお客さんの自宅でIT支援、午後はオフィスで作業、夜は友達と軽く呑む。長い一日となった。明日もまた逗子へ行かねば。

処方箋から睡眠薬がなくなった

起きたら秋晴れ。洗濯。そしてカウンセリングへ向う。

先日の決意、減薬したい旨を先生に伝えて了承を受ける。その方針でカウンセラーとじっくり相談。本当は費用がかかるはずなのに、僕の前向きな気持ちを汲んで頂き無料。感謝。ついに処方箋から睡眠薬がなくなった。

今すぐ飲まなくできるわけではない。手元の余りと、睡眠薬に代えて血圧を下げる薬などを用いて、少しずつ慣らしていく。不安もあるけど、病院の皆さんの気持ちに応えられるように頑張ろう。

—–

午後は散歩と読書でまったり。夜は友達と呑みに行く。

Oyster Bar&Restaurant Ostrea 銀座コリドー通り店で生牡蠣とワイン、祭やで魚と日本酒、KENTO’S TOKYO 六本木店で、音楽とウィスキー。お店はまわったけど飲み過ぎには注意できた。友達を送った後、3.5キロ歩いて帰る。いい週末。

自宅仕事からの自由時間

鼻風邪かな?大事をとって今日は自宅でまったり仕事。実は自宅で仕事を完結できるようにシフトしたいと考えている。ただ自分を甘やかせてしまうので、もう少し訓練が必要だ。今日はなかなかの集中力で16時ころにはノルマ達成。

さて自由時間。

とりあえず予約なしで美容院ブロッサムに飛び込む。いつもお願いしている美容師さんがいたので、カットとヘッドスパを頼む。さっぱりして疲れもとれる。

次はお酒。先ずは、江戸一で、牡蛎酢、土瓶蒸、せりのおひたし、お銚子4本(3.2合)。続けて伊勢元で、モツ焼、レバ刺、下町ハイボール3杯。さらに、長浜らーめんぼたんで、明太子、ウーロンハイ2、ラーメン。久しぶりに飲兵衛のフルコースをやってしまった。

これでも22時前には帰ったし、たまにならいいよね。ダイエットの節制は結構ストレスだし、明日への活力ということで。

—–

帰宅して、東京ヴェルディの存続決定の報を知る。歓喜。

「ゼビオ株式会社」複数年の包括メインスポンサー契約締結のお知らせ

存続だけでなく昇格の資格も得た。酔いのせいもあるけど泣いた。あとは勝つだけだ!