4月、5月の読書

アイドルにハマってから、読書、映画鑑賞が減った。久しぶりに振り返ると半減くらいしているかな?

置かれた場所で咲きなさい [Kindle]
いつも不満と不安でいっぱいの僕は、この本をKindleから消せないでいる。いい本に出会えた。

おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか? [Kindle]
池上彰らしく基礎の基礎を見直す本。

人生がときめく片づけの魔法 [Kindle]
米「TIME」誌が選んだ「最も影響力のある100人」に近藤麻理恵さんが選ばれたので再読。昨年の引越、ゴールデンウィークの大掃除に役だった。

てつがくを着て、まちを歩こう――ファッション考現学 [Kindle]
鷲田節でファッションを哲学する。娯楽本。

なぜ、この人と話をすると楽になるのか [Kindle]
誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール [Kindle]
嫌われたかも!?と心配にならない話し方のルール [Kindle]
面白いほど話が弾む!魔法の「10秒!」きっかけフレーズ [Kindle]
何やら話し方に不安を覚えた模様。こればかりは実践しないと意味ないようだ。

リスク・テイカーズ ―相場を動かす8人のカリスマ投資家
投資の勉強ってよりは、読み物として楽しんだ。おじさま方との会話にも役立つ。まだKindle版がなかったけど、話題だったので買った。

ファイト・クラブ〔新版〕 [Kindle]
映画が大好き。小説も面白かった。

そうだったのか現代思想 ニーチェからフーコーまで [Kindle]
とっつき易かった。

地政学の逆襲 「影のCIA」が予測する覇権の世界地図
地政学は本当に面白い。隣国との関係をしっかり考えていく必要が判る。年末から話題で久しぶりに買ったハードカバー。読んだ後に感想を見に行ったら、1000円も安くKindle版が出ていた。ちぇっ。

日本の論点 [Kindle]
読んでみたけど合わず。

酒呑みの自己弁護
酒呑みの娯楽本。Kindle版は出ていないが、こういう本を片手に酒を呑むのが楽しいんだ。

小林カツ代のお料理入門
「実践 料理のへそ」の復刻本。カラー版。これも紙の本を買った。

15冊中、11冊がKindle。自宅に2~3000冊ほどあった紙本(マンガ含む)は、100冊前後まで減った。生活が軽い。

若き詩人への手紙

若き詩人への手紙・若き女性への手紙

作品の個性を究めるとは、唯一無二の道を歩むことであり、それはとにかく孤高の道であると語る。道について悩む若者、特に芸術家に薦められることが多い。100年前の手紙は今なお生きていて、美しい言葉が並び、繰返し手に取るであろう一冊。もっと早くに読むべきだったかな。

実は、映画「天使にラブ・ソングを 2」で知った。歌手を夢見る生徒へウーピーが語る。

「リルケの本で、”若き詩人への手紙”っての。ある時リルケが、『詩人になれるかどうか、作品を読んで下さい。』って手紙を受け取った。リルケはその人にこう言ったの。『それを決めるのは、私ではありません。朝、あなたが目覚めた時、詩を作ることしか頭になかったら、あなたは詩人です。』同じことがあんたにも言えるわ。いい、朝目がさめて、歌うことしかあんたの頭に浮かばなかったら、そりゃ歌手になるべきよ。」

若き人にとっては最高の助言だ。僕は毎朝「まだ寝ていたい」と思っている。

頭をよぎったので蛇足。同じ孤高の人ジョブスは、

毎朝鏡を見て、もし今日が人生最後の日だったら、今日やることは本当にやるべきことであろうか。

と語っている。対比が面白い。

理性の限界

理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性

アロウ、ハイゼンベルク、ゲーデルらの思索を平易に解説しつつ、人類が到達した「選択」「科学」「知識」の限界論の核心へ。知的刺激にみちた、「理性の限界」をめぐる論理学ディベート。各章のテーマにそって仮想パネルディスカッションをしていて、理解の助けとなってくれる。素晴らしく良本だった。

目次は下記。

序章 理性の限界とは何か
第1章 選択の限界
 投票のパラドックス / アロウの不可能性定理
 囚人のジレンマ / 合理的選択の限界と可能性
第2章 科学の限界
 科学とは何か / ハイゼンベルクの不確定性原理
 EPRパラドックス / 科学的認識の限界と可能性
第3章 知識の限界
 ぬきうちテストのパラドックス / ゲーテルの不完全性定理
 認知論理システム / 論理的思考の限界と可能性

最後の授業/モリー先生

人が死ぬ前に伝えたいこと。教わりたいこと。

最後の授業 ぼくの命があるうちに

お涙系。僕の好みとして、上のモリーが失敗なら、こちらは正解。やっぱり死は向き合うってもんではない気がする。本を読むのもいいけど、DVDを観るのがオススメ。これは英語の勉強にも使えるね。

モリー先生との火曜日

お涙系。人生に必要なことはそれほど多くなくシンプルだ。モリー先生の語る言葉は美しく、そして澄んでいる。でも本としてだめ。死を売り物にする意図がぷんぷん匂って素直に読めなかった。

ゲーデルの哲学「不完全性定理と神の存在論」を読む

ゲーデルの哲学―不完全性定理と神の存在論」を読む。

完全には、ゲーデルを理解し尽せない。この帰結こそが「ゲーデル理解の不完全性定理」なのかもしれない。

あとがきに、この一文があってずいぶん救われた。彼は、20世紀の数学基礎論、論理学にとって最も重要な発見とされる「不完全性定理」を発表した人で、超有名人だ。好奇心を持って本を追っていると、度々、いや、よく彼の名に出逢う。でも数学者の思索を自分が理解することはできまいと、長いこと避け続けていた。

だから、この本に出逢えて良かった。著者は、不完全性定理を知った後、世界観が根本的に変わったと言う。それほどひとりの人間を感動させた理論。それを記号を使わずに、誰でも理解できるように書くべきだというコンセプトを忠実に守り紐解いてくれた一冊。これぞ本当の意味での入門書。

本書は5章から成る。1章で、ゲーデルの不完全性定理のイメージを、できるだけ単純な論理の組み合わせで理解させてくれる。思考の時間は必要だが、パズルのような構成で判り易い。2章、3章で、彼の人生の軌跡を。4章で、彼の晩年を。5章で、不完全性定理以降、現在に至る進展が書かれている。個人的に、神の存在証明とか最高に面白い。

僕は理屈っぽいとは言われるけど、決して論理的ではない。だから、物事を論理的に組み立て、推し進めることができる人を心底、尊敬している。この本は、表題通り「哲学」的な側面からゲーデルを説明してくれていて、自分のように論理に乏しい人間にも判り易かった。論理的思考、考える力、これをきっかけに養っていきたい。

実は。スゴ本だと散々聞かされる「ゲーデル、エッシャー、バッハ」の20周年記念版(6000円もする)を買ってしまって、読み始めたらなかなか納得(理解)できず、こりゃ、根本から知りたいぞ!と思ったこともきっかけ。高い金払ったから、必死に本も読みますよ。ってか、こういう知識に触れると、はじめて、大学に行きたかったと思う。で、まだ、諦めない。

アラン幸福論

アランの「幸福論」を読む。

幸福「論」となっているが、細かく命題ごとに章立てされており、言葉を定義することに生涯を費やしたアランらしい。定義集に具体例を加味し、判りやすくした散文集のような感じ。

自分をよく見据えて生活を営むこと、社会的な礼儀を持つこと、健全な身体によって心の平静を得ること…などに重きが置かれている。すべての不運やつまらない物事に対して上機嫌にふるまえと言う。この人は楽観主義者なのだ。励まされるし、また再読したいと思う。

ただ本書は日本語が読みにくい。同じく神谷幹夫訳の「アラン定義集」ではあまり気にならなかったのだけど…白井健三郎訳を買いなおそうかと思う。

アラン定義集

アラン定義集」を読む。

森有正訳の「定義集」は持ってるけど、残念ながら「R」までと未完。続きを読みたいので神谷幹夫訳を買う。また言葉の迷宮に迷い込む経験を繰り返えせる。

日本語の索引が付いて嬉しい。神谷幹夫の訳も読みやすい。「幸福論」も読むかな。

子どものための哲学対話

子どものための哲学対話」を読む。再読。

自分は何のために生きるのか…なんて答えが欲しくて興味を持った哲学(学生時代)。今でもひとつの答えは見つからないけど、思考法として自分に溶け込んでいる。この本は子どものためと銘打ってるけど、子どものままの大人のためにもなる。僕とか、アダルトチルドレンとか、あなたの役に立つ。

「原因」と「結果」の法則

原因と結果の法則」を読む。

行いは思いの花であり、喜びや悲しみはその果実です。

啓蒙書1冊で人生が変わることはないけれど、心が弱っている時には頼りたくなるものだ。どうせ頼るなら頼りがいのある1冊が良い。その意味で一読するだけの価値を持つ本だった。1902年の出版から今日まで支持を受け、啓蒙書のルーツと言われる所以を知る。あの超ベストセラー「箱」の原型すら見てとることができる。