スリー・カップス・オブ・ティー

スリー・カップス・オブ・ティー

帯より。

2001年9月11日、アメリカで4機の旅客機が、次々とビルに激突、または墜落した。そのとき、”敵地”にいた一人のアメリカ人青年は、世界中の”大きな誤解”に気づいていた。

1993年、K2登頂に失敗したアメリカ人登山家グレッグは、パキスタンの山村で助けられる。それから彼はパキスタン、そしてアフガニスタンで学校を作ることになる。現地の文化を尊重しながら、イスラム教にもキリスト教にも西洋にも寄らない、中立の教育を子供に提供しようと奮闘する。サクセスストーリーでも自画自賛の物語でもない純粋なノンフィクション。

彼は言う。

善良な市民がいて、テロリストがいます。でもそのちがいは教育があるかどうかだけなんです。

無知は貧困を生む。貧困は歪んだ思想を生む。そして憎しみが生れる。

テロに打ち勝つ唯一の方法は、彼らに愛され、尊敬されること。そのたまにはまず彼らを愛し、尊敬することです。

隣人を愛せ。どの宗教にもある言葉。宗教どころか道徳、いや人の性質だろう。世界のかたちを知り、隣人を知るために教育はとても大切なものだ。

彼は現地で1万2千ドルで1つの学校を建てる。それは何世代にもわたって、何千何万もの子供に教育をほどこす。一方、9.11後の戦争で数百発も打たれた巡航ミサイルは1発84万ドル。それは学校を一瞬で灰にする。正しい選択をできるように、僕も学び続けよう。

この本はノンフィクションで内容も重い。でも次々と物語のような出来事が起こり、グレッグとそれに携わる人々は魅力的で、メッセージを受け取ると同時に楽しむこともできる。おすすめの一冊。

人類は「宗教」に勝てるか

人類は「宗教」に勝てるか―一神教文明の終焉 (NHKブックス)

キリスト教と仏教に精通している学者が語る非/反宗教論。著者のプロフィールには神学者ともあり、宗教を内側から見た上で述べる意見は鋭い。ただテーマが壮大なわりに大雑把な部分が多かった。

目次

第1章 エルサレムは「神の死に場所」か
第2章 世界最強の宗教は「アメリカ教」である
第3章 多神教的コスモロジーの復活
第4章 無神教的コスモロジーの時代へ
第5章 “愛”を妨げているの誰なのか
第6章 ヒロシマはキリストである

読んで頭に浮かんだショウペンハウエルの言葉。

宗教はホタルのようなもので、光るためには暗闇を必要とする。

世界の形が変われば人が信じるものも変わるということだ。僕はクリスチャンホームに生まれ、世界との矛盾を感じながら育ったので、思うところが大きかった。

カール・セーガン 科学と悪霊を語る

カール・セーガン 科学と悪霊を語る」を読む。

あえてカテゴリをSFとしておこうか。

似非科学、懷疑主義、宗教とは信じること、科学とは疑ってみること…いろいろ考えたが、まだ右往左往。アメリカ版の大槻義彦教授と思えばとっつきやすいかも(失礼か?)。宗教と科学に相対主義は成立するか?とか、考えすぎ、俺。