4月、5月の読書

アイドルにハマってから、読書、映画鑑賞が減った。久しぶりに振り返ると半減くらいしているかな?

置かれた場所で咲きなさい [Kindle]
いつも不満と不安でいっぱいの僕は、この本をKindleから消せないでいる。いい本に出会えた。

おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか? [Kindle]
池上彰らしく基礎の基礎を見直す本。

人生がときめく片づけの魔法 [Kindle]
米「TIME」誌が選んだ「最も影響力のある100人」に近藤麻理恵さんが選ばれたので再読。昨年の引越、ゴールデンウィークの大掃除に役だった。

てつがくを着て、まちを歩こう――ファッション考現学 [Kindle]
鷲田節でファッションを哲学する。娯楽本。

なぜ、この人と話をすると楽になるのか [Kindle]
誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール [Kindle]
嫌われたかも!?と心配にならない話し方のルール [Kindle]
面白いほど話が弾む!魔法の「10秒!」きっかけフレーズ [Kindle]
何やら話し方に不安を覚えた模様。こればかりは実践しないと意味ないようだ。

リスク・テイカーズ ―相場を動かす8人のカリスマ投資家
投資の勉強ってよりは、読み物として楽しんだ。おじさま方との会話にも役立つ。まだKindle版がなかったけど、話題だったので買った。

ファイト・クラブ〔新版〕 [Kindle]
映画が大好き。小説も面白かった。

そうだったのか現代思想 ニーチェからフーコーまで [Kindle]
とっつき易かった。

地政学の逆襲 「影のCIA」が予測する覇権の世界地図
地政学は本当に面白い。隣国との関係をしっかり考えていく必要が判る。年末から話題で久しぶりに買ったハードカバー。読んだ後に感想を見に行ったら、1000円も安くKindle版が出ていた。ちぇっ。

日本の論点 [Kindle]
読んでみたけど合わず。

酒呑みの自己弁護
酒呑みの娯楽本。Kindle版は出ていないが、こういう本を片手に酒を呑むのが楽しいんだ。

小林カツ代のお料理入門
「実践 料理のへそ」の復刻本。カラー版。これも紙の本を買った。

15冊中、11冊がKindle。自宅に2~3000冊ほどあった紙本(マンガ含む)は、100冊前後まで減った。生活が軽い。

NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる

NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる

常識が変わる。まさにこために読む価値がある。うつに対する誤解と偏見がいかに多いかに気付く機会となる。投薬を中心とした治療にどれだけの問題があるか。日本という社会そのそもにどれだけの問題があるか。多くの人は、自分の常識が実態と遠くかけ離れていることに驚くはずだ。

うつ病100万人と言われる時代、うつに対する知識は一般常識として持っておいた方が良い。僕自身、うつ病が疑われた(実際は違った)時、インターネットや書籍でかなり勉強をした。情報が多すぎるので、先ずは平易で無難なこの1冊をおすすめする。

目次

プロローグ――うつ病はもはや“心のカゼ”ではない
第1章 “不適切”な投薬 症状を悪化させる多剤併用
第2章 クリニック乱立の闇 なぜ診断がバラバラなのか?
第3章 抗うつ薬の死角 封印されてきた危険な副作用
第4章 心理療法の壁 医療に心のケアが定着しない理由
第5章 うつからの生還 体験者たちが語る回復のプロセス
第6章 うつ病治療の新しい“常識” 先進医療の現場を訪ねて
あとがき──うつ病に強い社会をつくるために NHKアナウンサー 橋美鈴

一点。第2章にてひどいクリニックが挙げられる。ただ、患者を救うために努力している所の方が多いことを心に留めて欲しい。制度上の問題も大きいのだ。

最底辺の10億人/苦悩する大陸/世界の半分が飢える

貧困に関する本をまとめ読み。マジでキツカッタ。読むべき本。

最底辺の10億人 最も貧しい国々のために本当になすべきことは何か?

良書。貧困の原因として4つの罠を挙げている。紛争、天然資源、内陸国であること、劣悪なガバナンス(統治)。援助資金や物資は、それを必要とする人へ届く前に武器となる。資源は軍資金に。何よりそれをする為政者の愚かさ。そして最大の障害は「先進国の無関心」だと著者はいう。

アフリカ 苦悩する大陸

良書。アフリカの今を教えてくれる。「なぜアフリカは貧しいのか?」その理由に歴史があるのは事実。植民地時代からはじまる貧困。人種差別、部族主義、呪術主義などの文化。蔓延する内戦、伝染病。その中で一番の理由、それは政府が無能であること。権力者がだめだめ。

世界の半分が飢えるのはなぜ?ジグレール教授がわが子に語る飢餓の真実

子供への語りかけのように飢餓問題を説く。その分、上記の2冊と比べて誤解を生みそうな部分もあった。やはりこの本でも「人為的」なものが原因だと言う。

不透明な時代を見抜く「統計思考力」

不透明な時代を見抜く「統計思考力」

素晴らしく判りやすく、情報(データ)を収集し、分析し、活用する方法を語る。今が情報社会だからと言うのではなく、いつの時代でも一般常識と言える技術が書いてある。情報は議論の共通言語なのだ。マスメディアが言う現実と実際の現実は違うことがよく判る。

理性の限界

理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性

アロウ、ハイゼンベルク、ゲーデルらの思索を平易に解説しつつ、人類が到達した「選択」「科学」「知識」の限界論の核心へ。知的刺激にみちた、「理性の限界」をめぐる論理学ディベート。各章のテーマにそって仮想パネルディスカッションをしていて、理解の助けとなってくれる。素晴らしく良本だった。

目次は下記。

序章 理性の限界とは何か
第1章 選択の限界
 投票のパラドックス / アロウの不可能性定理
 囚人のジレンマ / 合理的選択の限界と可能性
第2章 科学の限界
 科学とは何か / ハイゼンベルクの不確定性原理
 EPRパラドックス / 科学的認識の限界と可能性
第3章 知識の限界
 ぬきうちテストのパラドックス / ゲーテルの不完全性定理
 認知論理システム / 論理的思考の限界と可能性

グーグル時代の情報整理術

グーグル時代の情報整理術

失読症でありながらグーグルCIOになった著者の整理術。基本は脳に過負荷を与えないこと。その為にデジタル(クラウド)とアナログツールを上手に使うこと。メンタルな部分にも触れる。GTDに通ずる部分もあり面白い。グーグルばかり取り上げないのも好感。

進化しすぎた脳

進化しすぎた脳

脳学者である著者と中高生との対話形式は、難解な科学を解説するのに優れた手法だ。脳は体を/体は脳をコントロールしている、見るとはものを歪める行為、脳も複雑系であるなど内容も興味深い。著書の「人間の脳がそんな簡単にわかってたまるかと」の言葉が印象的だった。

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に

スゴ本。

著者は「ワイアード(日本語版)」や「月刊サイゾー」を創った小林弘人さん。超オモシレエです。今の「出版」と新しい「出版」の違い、今の「メディア」と新しい「メディア」の違い、を考えるのに良い。主張は鋭い。既存のメディアを非難するものではない。

宇宙船地球号操縦マニュアル

宇宙船地球号操縦マニュアル

1963年に書かれた名著だそうで。それでも現代に通じる問題提起と概念に感嘆する。地球を一つの宇宙船と捉える彼の刺激的な発想は、経済学、脳科学、エコロジー、あらゆる分野に影響を与える。文庫で気楽に読めた。おすすめ。

ちゃんと謝るために「謝罪の技術」を読む

渋谷昌三「謝罪の技術」を読む。

イヤラシイ類の本ではなく、学べる一冊。

もっとも重要なのは、謝る側の誠意だ。(中略)だが、同時に謝罪がテクニックの問題であるということもまた、揺るぎようのない事実

人はなぜ謝罪するのか。それは、その後の良好な人間関係を築くためである。

謝罪に「技術」「テクニック」という言葉を使うと抵抗感を持つ人も多いだろう。謝罪とは誠心誠意であると。しかし、誠意とは、親密で濃密な関係にあってはじめて伝わるものである。社会では些細な過ちによって意にも介されなくなる場合がある。謝ることには工夫が必要なのだ。

また社会で、つまり多くの場合は仕事で謝罪する場合に、自己防衛や利得が目的となることは当然。ソーシャルスキル、一般常識と思って間違いない。

このような前提のもとで印象的だった内容は、

  • 謝罪は、相手を恐れすぎず、強い意志でのぞむ。謝罪も対等な人間関係のひとつ
  • いい訳は必須。根拠のない謝罪に意味はない
  • 関係の薄い相手の方が怒りやすい。あるいは怒られるのは期待されている。後者でありたい
  • プライドではなく自尊感情を持つ。自分に自身があればこそ謝ることができる
  • コミットメントが重要。謝罪したら責任を持つ

小手先のテクニックも紹介されてはいるが、人と人との関係、コミュニケーションの基本を見直せる良書。非常に読みやすく、かつ内容は有意義。

本の良さのひとつに、自分が何を知っていて、自分は何をしらないのか、それを見直せることがある。その典型といえる。おすすめ。