スリー・カップス・オブ・ティー

スリー・カップス・オブ・ティー

帯より。

2001年9月11日、アメリカで4機の旅客機が、次々とビルに激突、または墜落した。そのとき、”敵地”にいた一人のアメリカ人青年は、世界中の”大きな誤解”に気づいていた。

1993年、K2登頂に失敗したアメリカ人登山家グレッグは、パキスタンの山村で助けられる。それから彼はパキスタン、そしてアフガニスタンで学校を作ることになる。現地の文化を尊重しながら、イスラム教にもキリスト教にも西洋にも寄らない、中立の教育を子供に提供しようと奮闘する。サクセスストーリーでも自画自賛の物語でもない純粋なノンフィクション。

彼は言う。

善良な市民がいて、テロリストがいます。でもそのちがいは教育があるかどうかだけなんです。

無知は貧困を生む。貧困は歪んだ思想を生む。そして憎しみが生れる。

テロに打ち勝つ唯一の方法は、彼らに愛され、尊敬されること。そのたまにはまず彼らを愛し、尊敬することです。

隣人を愛せ。どの宗教にもある言葉。宗教どころか道徳、いや人の性質だろう。世界のかたちを知り、隣人を知るために教育はとても大切なものだ。

彼は現地で1万2千ドルで1つの学校を建てる。それは何世代にもわたって、何千何万もの子供に教育をほどこす。一方、9.11後の戦争で数百発も打たれた巡航ミサイルは1発84万ドル。それは学校を一瞬で灰にする。正しい選択をできるように、僕も学び続けよう。

この本はノンフィクションで内容も重い。でも次々と物語のような出来事が起こり、グレッグとそれに携わる人々は魅力的で、メッセージを受け取ると同時に楽しむこともできる。おすすめの一冊。

最底辺の10億人/苦悩する大陸/世界の半分が飢える

貧困に関する本をまとめ読み。マジでキツカッタ。読むべき本。

最底辺の10億人 最も貧しい国々のために本当になすべきことは何か?

良書。貧困の原因として4つの罠を挙げている。紛争、天然資源、内陸国であること、劣悪なガバナンス(統治)。援助資金や物資は、それを必要とする人へ届く前に武器となる。資源は軍資金に。何よりそれをする為政者の愚かさ。そして最大の障害は「先進国の無関心」だと著者はいう。

アフリカ 苦悩する大陸

良書。アフリカの今を教えてくれる。「なぜアフリカは貧しいのか?」その理由に歴史があるのは事実。植民地時代からはじまる貧困。人種差別、部族主義、呪術主義などの文化。蔓延する内戦、伝染病。その中で一番の理由、それは政府が無能であること。権力者がだめだめ。

世界の半分が飢えるのはなぜ?ジグレール教授がわが子に語る飢餓の真実

子供への語りかけのように飢餓問題を説く。その分、上記の2冊と比べて誤解を生みそうな部分もあった。やはりこの本でも「人為的」なものが原因だと言う。

100年予測

100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図

これはスゴ本。内容は書名通り。地政学的視点から未来を読み解く。人口減や資源問題などの要素も織り交ぜ展開される予測は、説得力がありとても興味深い。(当然)根拠となるのは過去と現在なので、今の世界の形をおさらいすることもできる。固い頭をやわらかくできる。注意:あくまで予測。

忘れられた日本人

忘れられた日本人

民俗学者が日本をくまなく歩いて著した情熱の一冊。自分の親が生まれ育った時代、それよりもう少し前の時代。いずれにせよほんの数十年前まで、日本はこんな国だったのかと衝撃を受けた。懐かしくも失われつつある、あるいはすでに失われた日本の姿がある。

「沈黙の春」を読んだ

沈黙の春
レーチェル・ルイス・カーソン
★★★★☆
Masamichi Shimomura

名著。論理明快、読みやすい文章で、人間の愚行が招く沈黙の(鳥や虫の声が聞こえない)春を説く。40年も前に書かれた1冊だが、今なお斬新で戦慄を覚える。すでに40年も無為のまま時計の針が進んでいることを知るから。

1世紀前に想像された「奇想の20世紀」を読む

荒俣宏「奇想の20世紀」を読む。

この本は、19世紀の人々の空想力、想像力が詰め込まれている。絵図写真も多く、膨大な記録は読んでいて最後まで飽きない。読む万博、と言うにふさわしい。ただし、19世紀の、だ。

当時の資料としては非常に面白い本も、著者の問題提起に着眼すると考えさせられる。現代人が未来を空想する力を失いつつあるのだろうか、ということ。産業革命を経験した人類は、溢れんばかりの富みを得、さらに希望に溢れた未来を空想した。

今は?経済資本主義の弊害、環境問題、地域格差、繰り返される紛争。日本では少子高齢化など、明るい未来を空想する材料に乏しいのだろうか。

著者は、あとがきにこう書く。

未来を考える人はいなくなった、と書いたが、いまはもっと極端に、考えるのもいやになった、とすら書きたい気分になる。

僕は逆のことを思う。世界中の人々が手をとりあう平和な未来を空想する。19世紀の空想はこっけいですらあったけれど、それは20世紀になっていくつも実現していることが、この本に描かれているのだから。

全東洋街道(上)(下)

全東洋街道(上)(下)」を観て、読む。

艶かしい。

1980年、藤原新也が400日をかけて全東洋を旅したドキュメント。数々の写真と添えられた言葉が心に訴えかける。それは人の生と聖と性。土地々々に食や色の違う生活があり、イスラム教、ヒンドゥ教、仏教など数多の聖があり、その中で売春宿の女が「人間は肉でしょ 気持いっぱいあるでしょ」と笑う。

この人の写真は、観るとその場所にいるかのような錯覚を起こす。写真を撮りながら被写体がその気になり、その時私の頬を殴ろうと思えばいつも殴れ、笑いかけようとするならいつも笑いかけられる位置において、私は写真を撮りたいと思うと本人が言う。

この人の言葉は、矛盾する言い方になるけど、散文的で詩的だ。まとまりもなく生々しい。しかし味わいや奥行を感じ、そして美しい。

手に入れて良かった。この先、何度も開き、読み直す本だ。

インド本でつながる、印度放浪

説明しようとすると長くなるのでアマゾンにがつがつリンクして書きます。

印度放浪」を10年ぶりに再読した。

左目をカメラのフェンダーに押し付けて撮った写真と、添えられた彼の言葉は神々しいほど心に響く。先日手にした「メメント・モリ」以来、また藤原新也が気になる。いくつの写真集、著書に目星を付けていたが、決めた。やはり買って読むことにしよう。

先ずは「全東洋街道(上)(下)」を発注。

閑話休題。これまでにインドにまつわる本を結構手にしていることに気が付く。例えば、

妹尾河童「河童が覗いたインド」は繊細なイラストに感激する。
椎名誠「インドでわしも考えた」は彼なりの目線が面白い。
ロンリープラネットの「インド」も持っている。邦訳版は評判がよろしくないようだが、それでも旅の妄想にひたるには頼りがいのある一冊。

今、インドは着々と未来の超大国への道を歩む。先達が憧れ、幻想を見たインドは、きっともうないのだろうけど、中谷美紀「インド旅行記(1)(2)(3)」を読んだりすると、やはりまだ、飽和するほどの魅力を抱えているのかもしれない。異国の文化に感嘆する経験がしたい。時間と金、何より勇気が欲しい。