350円で酔っ払う

掃除、洗濯、ご飯、ゲーム、散歩、読書、お酒。ゲームはやり過ぎ。

夕方、行きつけの蕎麦屋に入る。そば焼酎の雲海をボトルキープしてあるので、それをそば湯割りで呑む。つまみはたこわさ。週末の食事時は混むお店なので、早めに呑んで早めに蕎麦を頼むつもりが、持ってきた本がとても面白くて読み入る。そうしているうちに10数人の団体客が入り、騒がしくて本は読めないし、蕎麦もすぐに出てこないだろうと退却。お会計は350円だった。

まだ本も半ばだったので、近くのモツ焼き屋に移動。逆に週末の飲み屋は空いている。しばらく静かだったが、地元の消防団のおじ様3人が来店。もう何軒か呑んできたらしく、とても愉快に話をしている。そのうち声をかけられ意気投合。すべておごっていただく。

財布から350円しか減ってないのに、楽しく酔っ払うことができた。

帰ってからまたゲーム。危ないな…すぐに売るべきか。

厚揚げ焼き、なす焼き、げそ焼き

好きになったことは飽きるまで執拗に続ける性格。特に食べ物。

例えばTwitterのログでランチをふり返ると、一週間ずっと坦々麺、アジアンランチ、韓国料理と続くことがある。他にも、1日3食が立ち食いそば、朝は必ずわかめおにぎり、平日の5日を同じ店で飲むなど。

今は、厚揚げ焼き、なす焼き、げそ焼き。家呑みが増えて財布にも優しい。

厚揚げは電子レンジで火を通し、魚焼き網で表面を焦がす。長ねぎ、かつぶし、しょうが、しょう油で食べる。旨い。なすは電子レンジで火を通し、魚焼き網で皮を焦がしてむく。かつぶし、ごま、しょうが、だししょう油で食べる。旨い。げそは魚焼き網で火を通す。しょうがしょう油、または七味マヨネーズで食べる。旨い。

今日はなす焼きとなすの塩もみでビール。

こういうことをしてると不健康に思って野菜スープのブームが来て、1ヶ月くらい注ぎ足しで作り続けたりすることもある。でも次は湯豆腐か常夜鍋(白菜+豚)の波が来る予感がしている。いずれにせよ偏食は直した方がいいよな。

だらだら呑んでしまう

昨日すでに金曜日だと思っていたので、今日は一日が長かった。

仕事が終る頃に先輩から呑みのお誘い。待ってましたと飛びつく。先輩とは趣味も合うし、仕事の相談もできるし、とにかく酒好きなので、まったり時間を忘れて呑む。帰る気になったのは3時近く。馬鹿呑みはしないので二日酔いにはならないけど、もう少しスマートに切り上げるようにした方がいいですね。など話ながらタクシーで帰る。楽しかった。

—–

旨い立ち食いそば屋が好きで、機会があると立ち寄るのが習慣。

虎ノ門の峠そば、げそ天そば。揚げたて茹でたて旨いねえ。326/ #men365 (写真)

このお店は、立ち食いそば評論で有名なサイト立ち食いそば紀行でも長年トップを守っている名店。店内には福沢諭吉の言が張ってある。
“だらだら呑んでしまう” の続きを読む

友だちと食べるご飯は旨い

昼は、昨年まで職場が一緒だった友だちが、オフィスの近くまで行くと連絡をくれた。妹が勤める系列店、Oyster Bar&Restaurant Ostrea 赤坂見附店でランチ。パスタを頼むと、前菜、サラダ、牡蠣フライ、デザートなどがビュッフェで食べられる。ドリンクバーまでついて1000円とは素晴らしいサービス。生野菜たっぷり、揚げたて牡蠣フライ、日替りパスタ、食後にはデザートとコーヒー。久しぶりに会った友達とゆっくり話ができた。

夜は、最近とても忙しそうな友だちが、思わず早く上がれたと連絡をくれた。疲れた身体に優しく温かいものをということで、渋谷のていふ庵に入った。売りの塩おでんが旨い。他に、春菊、みょうが、わけぎ、しそ、水菜などが入った和香草サラダが逸品だった。一見でまた再訪したいお店に出会えてほっこり。気兼ねなくゆっくり話ができた。

いつも自分は一人が好きだと思っているけど、やっぱり友だちと食べるご飯は旨い。今日も忙しい一日だったけど、気持ちすっきり。週末に向けて頑張ろう。

高尾山を登りに行く

高尾山明日は友達の誕生日だから祝おう。でも呑むだけじゃつまらないから、どこかへ行こうということになる。仲間4人で、いざ高尾山へ。

少し遅めの15時半から登りはじめ、道中で色づいた紅葉、山頂で夕焼に浮かぶ富士山を見た。帰るころには暗くなり、懐中電灯で足元を照らしながら下山。紅葉はこれからが本番だろうけど、綺麗なものを見て、清清しく深呼吸ができて気持ち良かった。

歩いた後の一杯はたまらない。麓の料理屋で、天ぷら、うなぎ白焼き、山菜などをアテにビール。旨い。

それから調布まで移動して、仲間2人と合流して仕切りなおし。日付が変わるまで呑んで、友達に当日のハッピーバースデーを言えて、楽しい一日となった。

しかし終電が終っていた。それほど呑みすぎなかったので、予想25キロを歩いて帰ることにする。深夜1時に出発して帰宅したのが早朝5時。頑張った。

でも帰ってから思った。この決断をした自分は、やはり呑みすぎだったのでは?と。

魅惑の深夜らーめん

おつまみ明太子この数日、午前は逗子での仕事が入っている。いつもの仕事は午後からはじめるので帰りが遅くなる。終電で帰るとお店はほとんどやっていないけど、一息つきたいのが飲兵衛の性。腹も減っている。

そんな時は地元の博多長浜らーめんぼたんに行く。おつまみ明太子を頼むと小皿にたっぷり出してくれる。これをチビチビつまみながら、本を読みつつ、ウーロンハイを2~3杯。至福の時。

〆にらーめん。ここは味が安定しいて本当に旨い。とても濃厚なとんこつスープなのに、切れが良くてやみつきになる。今週は3度目の来訪。

九州のラーメンというと「バリ」や「ハリガネ」と言ったように、麺を固めにして食べるイメージが強いと思う。でも僕は「ヤワ」でお願いする。昼食などメシで食べるときは固いのが好きだけど、シメで食べるときは柔らかいくらいが好きだ。

深夜に食べるラーメンは禁断の果実。だから魅力的で旨いんだよね。

まったりな休日

少し寝坊して起きて洗濯をする。少し寒いけどとても良い天気。日用雑貨を買いに出かけ、温かい蕎麦を食べ、街を散歩した。午後はヤマザキナビスコカップの決勝をテレビで観る。

ジュビロ磐田 5-3 サンフレッチェ広島

正直、東京VがJ2にいるので、J1クラブはよく判らないけど、熱い試合だった。リーグ戦で優勝争いに絡めてない両クラブも、ここまでやれば「名勝負」と言えるのかな。でも印象に残ったのは、前田すげえ、それくらい。やはり自分が応援するクラブが出ないとね。

夜は早めに呑みに出る。近所のもつ焼き屋で、煮込み、厚揚げ、ホッピー。美濃屋文右衛門の蕎麦で〆ようと思ったら、遭遇した知人に焼酎ばかり勧められて蕎麦にありつけず。結局また博多長浜らーめん ぼたんで明太子とウーロンハイ、そして〆のラーメン。

今日は早めの時間だから良しとしても、連続で夜ラーメンはあぶない。

復活の模様

体調復活。仕事を普段通りこなして21時にあがる。オフィスから自宅近くまで約10キロを1時間半で歩く。身体も軽くなっているので楽しかった。

大塚の伊勢元で下町ハイボールとレバ刺し。明日は休みだしもう一軒寄って帰ろう。博多長浜らーめん ぼたんで明太子とウーロンハイ、そして〆のラーメン。

ゆっくりと飲みながら本を読む。至福の時間を過ごせた。

自宅仕事からの自由時間

鼻風邪かな?大事をとって今日は自宅でまったり仕事。実は自宅で仕事を完結できるようにシフトしたいと考えている。ただ自分を甘やかせてしまうので、もう少し訓練が必要だ。今日はなかなかの集中力で16時ころにはノルマ達成。

さて自由時間。

とりあえず予約なしで美容院ブロッサムに飛び込む。いつもお願いしている美容師さんがいたので、カットとヘッドスパを頼む。さっぱりして疲れもとれる。

次はお酒。先ずは、江戸一で、牡蛎酢、土瓶蒸、せりのおひたし、お銚子4本(3.2合)。続けて伊勢元で、モツ焼、レバ刺、下町ハイボール3杯。さらに、長浜らーめんぼたんで、明太子、ウーロンハイ2、ラーメン。久しぶりに飲兵衛のフルコースをやってしまった。

これでも22時前には帰ったし、たまにならいいよね。ダイエットの節制は結構ストレスだし、明日への活力ということで。

—–

帰宅して、東京ヴェルディの存続決定の報を知る。歓喜。

「ゼビオ株式会社」複数年の包括メインスポンサー契約締結のお知らせ

存続だけでなく昇格の資格も得た。酔いのせいもあるけど泣いた。あとは勝つだけだ!

NIPPON IT チャリティ駅伝

NIPPON IT チャリティ駅伝に参加してきた。

駅伝10キロ(5区間)なので一人2キロという敷居の低さ。今回は4人しか揃わなかったので、僕が2回走ることにした。少しずつだけど、走ることを楽しめるようになってきた。

はじめは友達と駅伝を楽しむことが目的だったけど、大会の背景にも大いに共感。天気にも恵まれとても楽しい大会だった。ぜひ次回につながって欲しい。

一緒に走った仲間で帰りに軽く呑む。その後、さらに一人でい志井にも寄った。