4月、5月の読書

アイドルにハマってから、読書、映画鑑賞が減った。久しぶりに振り返ると半減くらいしているかな?

置かれた場所で咲きなさい [Kindle]
いつも不満と不安でいっぱいの僕は、この本をKindleから消せないでいる。いい本に出会えた。

おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか? [Kindle]
池上彰らしく基礎の基礎を見直す本。

人生がときめく片づけの魔法 [Kindle]
米「TIME」誌が選んだ「最も影響力のある100人」に近藤麻理恵さんが選ばれたので再読。昨年の引越、ゴールデンウィークの大掃除に役だった。

てつがくを着て、まちを歩こう――ファッション考現学 [Kindle]
鷲田節でファッションを哲学する。娯楽本。

なぜ、この人と話をすると楽になるのか [Kindle]
誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール [Kindle]
嫌われたかも!?と心配にならない話し方のルール [Kindle]
面白いほど話が弾む!魔法の「10秒!」きっかけフレーズ [Kindle]
何やら話し方に不安を覚えた模様。こればかりは実践しないと意味ないようだ。

リスク・テイカーズ ―相場を動かす8人のカリスマ投資家
投資の勉強ってよりは、読み物として楽しんだ。おじさま方との会話にも役立つ。まだKindle版がなかったけど、話題だったので買った。

ファイト・クラブ〔新版〕 [Kindle]
映画が大好き。小説も面白かった。

そうだったのか現代思想 ニーチェからフーコーまで [Kindle]
とっつき易かった。

地政学の逆襲 「影のCIA」が予測する覇権の世界地図
地政学は本当に面白い。隣国との関係をしっかり考えていく必要が判る。年末から話題で久しぶりに買ったハードカバー。読んだ後に感想を見に行ったら、1000円も安くKindle版が出ていた。ちぇっ。

日本の論点 [Kindle]
読んでみたけど合わず。

酒呑みの自己弁護
酒呑みの娯楽本。Kindle版は出ていないが、こういう本を片手に酒を呑むのが楽しいんだ。

小林カツ代のお料理入門
「実践 料理のへそ」の復刻本。カラー版。これも紙の本を買った。

15冊中、11冊がKindle。自宅に2~3000冊ほどあった紙本(マンガ含む)は、100冊前後まで減った。生活が軽い。

常識「今この世界を生きているあなたのためのサイエンス」

今この世界を生きているあなたのためのサイエンス〈1〉
今この世界を生きているあなたのためのサイエンス〈2〉
を読んだ。

テロリズム、エネルギー問題、原子力、地球温暖化など、問題の多くに科学が関わっている。著者はUC Berkeleyの物理の教授で、原著のタイトル”Physics for Future Presidents: The Science Behind the Headlines”が示すように、政治的な指導者が身につけておくべき、最低限の「使える科学的知識」を講義したもの。

人倫には逆らえても、物理には逆らえない。法理には逆らえても、物理には逆らえない。事実を知ることで、口先だけのうまい話にだまされないようにしたい。科学的知識がなければ、選挙で正しい選択をすることもできないのだから。

目次
“常識「今この世界を生きているあなたのためのサイエンス」” の続きを読む

若者殺しの時代

若者殺しの時代

クリスマスが恋人たちのものになったのは1983年からだ。そしてそれは同時に、若者から金をまきあげようと、日本の社会が動きだす時期でもある。「若者」というカテゴリーを社会が認め、そこに資本を投じ、その資本を回収するために「若者はこうすべきだ」という情報を流し、若い人の行動を誘導しはじめる時期なのである。若い人たちにとって、大きな曲がり角が1983年にあった―80年代に謎あり!ずんずん調べてつきとめた。

タイトルほど過激な内容ではないけど、今のありようを面白い視点から見ることができた。「若者」というカテゴリーを社会が認め、そこに資本を投じ、その資本を回収するために「若者はこうすべきだ」という情報を流し、若い人の行動を誘導しはじめる時代。「いまの社会の要請に応えない」ことで逃げる上で、伝統文化を身につけることがひとつの手立てであるというのは大いに頷ける。

「体幹」ランニング

「体幹」ランニング

体幹を体感中。実践すれば早期から実感できることがこの本のすごいところ。

内容

脚で走るな、体幹(動態)で走れ。トップランナーは、みんな「体幹」を使って走っていた。市民ランナーの8割が知らない“本当の基本”が、超ていねいな解説でわかる、身につく。巻末付録・レースを狙う3ヵ月練習メニュー。

2007年に出版された本で、昨年アルファブロガーが何人も絶賛したことでブレイク。僕が流行にのって手にしたのが昨年末。正直、何をそれほど騒いでいるのかを知りたくて買った。ランニングする気などさらさらなく。

ただ、少しは実践せねば感想も書けないと思ったので、紹介されていた「体幹エクササイズ」をしばらく続けてみた。ストレッチに近いほど楽な運動で、8つの動作を20回ずつ、慣れたら3セット。部屋の中で出来て、30分とかからず、少々酔っていてもやれる。そのうち、座っている時、立っている時、歩いている時の体幹(筋肉)が気になるようになってくる。

で、だ。ちょっと走ってみようかな?という気持ちが出てきた。ちょっと。仕事帰りに手前の駅で降りて30~90分ほど歩くことがあるが、少し物足りなく感じるようになったのだ。この本にうまく乗せられた感じ。今「レースを狙う3ヵ月練習メニュー」をまあゆっくり1年くらいのつもりでやろうかなと。やろう「かな」と。まだ未定。

理性の限界

理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性

アロウ、ハイゼンベルク、ゲーデルらの思索を平易に解説しつつ、人類が到達した「選択」「科学」「知識」の限界論の核心へ。知的刺激にみちた、「理性の限界」をめぐる論理学ディベート。各章のテーマにそって仮想パネルディスカッションをしていて、理解の助けとなってくれる。素晴らしく良本だった。

目次は下記。

序章 理性の限界とは何か
第1章 選択の限界
 投票のパラドックス / アロウの不可能性定理
 囚人のジレンマ / 合理的選択の限界と可能性
第2章 科学の限界
 科学とは何か / ハイゼンベルクの不確定性原理
 EPRパラドックス / 科学的認識の限界と可能性
第3章 知識の限界
 ぬきうちテストのパラドックス / ゲーテルの不完全性定理
 認知論理システム / 論理的思考の限界と可能性

歴史は「べき乗則」で動く

歴史は「べき乗則」で動く――種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学

様々な事象の中にある「べき乗則」をやさしく解説。流行な複雑系の一冊。これが正しいのか僕には判らないが。歴史や地震などのエピソードを挙げながら進むので、専門的な知識がなくても理解できたような気になれる。書名から受ける印象とは違ったけど面白い。

つぎはぎだらけの脳と心

つぎはぎだらけの脳と心―脳の進化は、いかに愛、記憶、夢、神をもたらしたのか?

脳は不完全で非合理、寄せ集めと間に合せによって今のカタチになった、という脳科学の入門と、「脳の進化は、いかに愛、記憶、夢、神をもたらしたのか?」が語られる。一冊にして濃い内容がいい。これを読むと知的設計論(比喩を楽しんで!)は信じられなくなる。

2009年9月の読書

その他。今月は読書メモを久しぶりにポストした。

アイの物語
SF。人類が衰退しマシンが君臨する未来。ひとりの青年と美しきアンドロイドがつむぐ物語。読みやすくて面白い。ちょっと軽すぎる。

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち
名著。再読。コンピュータエンジニアの鉄板本。熱い気持ちになるよなー。

未来形の読書術
平均的な内容。すでにWeb上で多くの誰かが語っている。

ちょいデキ!
いまいち。ガツガツ上を目指すだけではない、淡々と目の前にある仕事をこなす道もある。ひまつぶし、頭のリラックス程度に。

モテたい理由
だめ。表題と内容が違う。赤坂真理さんのエッセイ。

ケータイチルドレン 子どもたちはなぜ携帯電話に没頭するのか?
面白い。若者+ケータイ=悪、なんてことは書いてない。かなりのデータを裏づけとして、ケータイを見極めようとする本。大人(年寄り)は、ケータイというたったひとつのツールがあるだけで、若者に偏見を持ってしまう。人の本質なんて短期間にそうそう変わるものではない。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす才能を利

良書。

「じぶん」と読ませているように、自分が持っているものを強みとし、決してマイナスには捉えない点が良かった。その強みをどう生かしていくかについては、ほとんど触れられないので中途半端な感じ。因みに僕の強みは、「内省」「適応性」「収集心」「共感性」「運命思考」だった。マイナスには捉えないけどさ…これをプラス方向のみで生かすのも大変そう。少なくとも今のビジネス上で考えるのは難しいな。生き方を変えるかね。

「サッカー戦術クロニクル」を読んだ

サッカー戦術クロニクル
西部謙司
★★☆☆☆
Masamichi Shimomura

副題「トータルフットボールとは何か?」が内容そのもの。オランダに始まり、ブラジル、ミラン、バルセロナ、古くは1930年代まで遡る。ここから現代サッカーの姿を浮き彫りにしていく。サッカーヲタにはたまらなく面白い。戦術クロニクルと題するのなら、もう少し図表などを入れて欲しかった。