やっちゃったのでオーディオ売却

やっちゃった。すごく反省している。オーディオを楽しむために大切なのは、スピーカーやアンプ以前に、音を鳴らせる環境だと痛感する2年間だった。果たして、勢いで購入された贅沢すぎる機器は、売り払われた。

贅沢すぎる機器
“やっちゃったのでオーディオ売却” の続きを読む

爆音ジャズ、SOIL&“PIMP”SESSIONS

おしゃれジャズも好きだけど、ただ聴いて乗るだけで楽しいビバップ、スウィング、バンドも大好き。それを新しいカタチで体現する「SOIL&“PIMP”SESSIONS」を知ったのは2009年。何かで話題になっていて買った、アルバム「Planet Pimp」がきっかけ。

Planet Pimp

トランペット、サックス、ピアノ、ベース、ドラムが音の弾幕を作り出す。正直うるさい。笑。でもそれがいい。アジテーター(観客を煽ってライブを盛り上げる役割)の専任までいて、歌やラップ、スキャットをこれでもかと入れてくる。斜め上をいってるので6人のメンバーが日本人と知ったときも驚いた。

さて。なぜ今さら思い出したかと言うと、しばらくぶりに仕事用PCのiTunesを立ちあげたから。ずいぶん前からデータを引き継いでいるので、iTunes Matchで大量の曲がリストに追加された。契約から1年も放っていたのはともかく、嬉しいサプライズ。

夏にはノリノリの爆音ジャズが気持ちいい。思わず新しいアルバムを物色する。直近のアルバム「Brothers & Sisters」は、少し大人しく繊細になったけど、音が飛び交うのは変わらず。熟成しているんだなあ!

Brothers & Sisters

どれどれ、もう一枚と探したら、椎名林檎とコラボしているシングルを発見。それが収録されたアルバム「CIRCLES」は、全曲が他アーティストとの協演。BONNIE PINK、MIYAVI、JOSE JAMESまで!なんという贅沢。

CIRCLES

すっかりはまった。勢いで7月のブルーノート東京のライブまで予約してしまった。まだ一緒に行く相手はいないけどね。

SOIL &“PIMP”SESSIONSオフィシャル(日本語)

人と会う

人と一緒にいると楽しいことも幸せなことも嫌なことも不幸なこともある。当たり前。当然なことなのに、僕は物事を否定的にとらえて、負の側面ばかり強く感じて、どんどん人を遠ざける。両親や兄弟ですら。でも悲しくてたまらなくて淋しくてさまよい歩き、突飛な機会や風変わりな場所で人と会う。すると次はその人を失うことへの不安や恐怖に支配されて、悩んでのたうち回って疲れ、疲れ果ててまた一人になる。判るか、俺は相手の気持ちを微塵も考えない残酷な奴だ。その反動か、贖罪のつもりか、やはり身勝手で手離したくないだけか、目の前にいる人に全てを捧げたくなる。それを 「優しいね」なんて買いかぶるなって 叫びたくなることがある。僕だって、世界や人生と一人ぼっちで立ち向かうより、誰かと一緒でいたい。それに必要なことは知ってる。自分を傷つければ人を傷つける。自分を愛せば人を愛せる。抱きしめたい人がいる。僕は自分を好きになりたい。

椎名林檎ライブ映像「党大会」

Youtubeで観た、椎名林檎「青春の瞬き」が素敵。飾りけのあまりない言葉に、彼女の感情が乗るとすごいパワーが伝わってくる。うたいびとの力をあらためて知る。

それで、迷っていたDVDを買った。

党大会 平成二十五年神山町大会(Blu-ray)
椎名林檎「党大会」

貫禄のパフォーマンス。時代に左右されない椎名林檎という個性が眩しい。「いつもは皆さんにビリビリしてもらいたくてエレキで演奏していますが、今日はオーチャードホールなので生楽器。いつもより深いところでビリビリして頂きたいと存じます」と語り、言葉の通り、体の奥からじわじわ震えるような感覚を味わった。

真夏日の土曜日、興奮して頭の芯が熱い。久しぶりにCDを掘り返して、ジャズを中心に音楽三昧の午後。

ベリ曲「VERY BEAUTY」

Berryz工房の菅谷梨沙子が歌う「VERY BEAUTY」が好き。2007/3/7にリリースされた13枚目のシングル。7年前、彼女たちはみんな15歳以下で、最年少の梨沙子は12歳。

Berryz工房「VERY BEAUTY」 (MV)

“ベリ曲「VERY BEAUTY」” の続きを読む

おお雨ワンマンライブ

おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)ワンマンライブ
3/7 19:00~ SARAVAH 東京(渋谷)

初めての生・美雨さん。彼女のいる空間は澄んでいてゆっくりと時間が流れているよう。おおはたさんと共に奏でられる音楽は、優しさと癒しに満ちていて、子守唄のようでもあった。

この場所に居れて幸せだった。またお二人に会いたいです。

おお雨ワンマンライブ

おお雨+お二人

2010年11月の入手理由

試験的な試み、入手理由

本は17冊。仕事本は2冊。漫画は13冊。CDは3枚。

雑誌は「Safari」「COURRiER Japan」「Foresight(Web版)」を定期購読中。東京のおいしい店を特集した「Hanako (ハナコ) 2010年 12/9号 [雑誌]」と美しき蕎麦を特集した「dancyu (ダンチュウ) 2011年 01月号 [雑誌]」も買った。

その他、Apple TVを購入して使い始めたが、音楽の共有と映画のレンタルで便利。やはり久しぶりに買ったゲームに時間をとられている感じがする1ヶ月。
“2010年11月の入手理由” の続きを読む

宇多田ヒカルUSTREAM生中継

日中は複雑な仕様との戦い。あと眠気。

夜、宇多田ヒカルの横浜アリーナライブ「WILD LIFE」のUSTREAM生中継をBGMに仕事を続ける。時々チラ見しながら。僕は彼女の熱狂的なファンではないけど、ヱヴァンゲリヲン新劇場版でテーマ曲を歌ってから追いかけるようになった。

その曲「Beautiful World」が流れたので見入る。コンサートは終盤にさしかかっていた。彼女とパフォーマンスと全ての演出が素晴らしい。加えて、満員のアリーナ、全国の映画館70スクリーン、USTREAM(メインとサブで10万超)の人たちと同じものを共有しているという高揚感。心底感動した。

アンコールでジョン・レノンを偲ぶところも良かった。コンサートの最後、彼女が何か話したそうな表情をしているように見えた。2DAYSライブだから、明日まで心の中にしまっておくのだろう。Blu-rayでもAppleTVでもいいので、コンテンツになってくれたら嬉しい。

それにしてもインターネットはすごいことになっているな。