広告ではなく取材されて掲載

妹夫婦の「ワイン食堂シャガット」が雑誌に掲載された。広告を出したのではなく、取材を受けての掲載らしい。たくさんあるお店の中の1つだけど…嬉しい!

シャガット掲載

東京至極のレストラン

過酷な労働時間と環境。お客と直に接する緊張。食の安全への責任。何より自分たちの拘りを貫く気持ち。それを積み重ねての、大きな一歩だなあ。

もう少し自分も頑張れ!と思える機会にもなった。最近、仕事で疲れ果てて、弱音をはいてばかりだったので、すごく良いニュースだ。

食べログ「シャガット(Chat Gatto)」

静かなるイタリア=フランスの戦い

新年に入籍したばかりの夫婦が始めたワイン食堂シャガット。それぞれイタリアンとフレンチの料理人で、さぞ二人は仲むつまじく…と思うのが普通だろ?しかし最近、お店のそこかしこに戦火の跡が見られるようになったのだった…

黒板のメニュー

“静かなるイタリア=フランスの戦い” の続きを読む

大きいことはいいことだ

今夜はいつものお店で、スズキのポワレを食べた。料理人の口癖が「切り身が大きい方がふわっとして美味しい」で、魚も握りこぶし2つ分ほどある。1600円が納得の味とボリューム。

スズキのポワレ

“大きいことはいいことだ” の続きを読む

ワイン食堂Chat Gatto(シャガット)の紹介2

ワイン食堂Chat Gatto(シャガット)の紹介、続き。

肉、魚、野菜、食材の多くが国内(愛媛)からの直送品。パテ、パン、生パスタ、デザートすべて手作り。どこまでこだわりを貫くの?と心配になることもあるけど、当人たちはそれが幸せそうで、まあ、応援していこうと思えるお店。

今回はメインの前後を飾るお皿を紹介。

“ワイン食堂Chat Gatto(シャガット)の紹介2” の続きを読む

ワイン食堂Chat Gatto(シャガット)の紹介1

元旦に入籍したばかりの猫好きな夫婦が店を出した。

ワイン食堂Chat Gatto(シャガット)

カウンター席とスタンドテーブルで、イタリアとフランスの家庭料理や、ワインをお愉しみいただけるお店です。野菜や魚などは、主に愛媛から取り寄せた自慢の食材で、腕自慢のシェフが料理いたします。

片やフレンチ、片やイタリアンが得意な2人が、フランス語で猫の「Chat」とイタリア語で猫の「Gatto」を寄り添わせて付けた店名。ストレートで僕は好きだ。2/8からプレオープン、2/112/10を正式オープンとしたみたい。

食堂と名乗るように気楽。そして料理がうまい。身内びいきじゃない…はずだ!笑

“ワイン食堂Chat Gatto(シャガット)の紹介1” の続きを読む