ある休日の過ごし方

午前中に iOS 4.2.1 がリリースされた。朝から iPhone 3G と iPad をアップデートして新機能を試し、すでに報告されているバグの対応を行う。噂では年内に 4.3 がリリースされるとのことだが、4.2.0 に Wi-Fi 問題があったので、しばらくはこのバージョンを使うことになるだろう。

お昼は好きなラーメンを食べる。その後かなり長めの昼寝。

夜は東京ヴェルディの応援に味の素スタジアムまで足を運ぶ。

東京ヴェルディ 1-0 愛媛FC

辛勝。結果は勝っても(今節)負けたとき(前節)の方が内容がいいこともあるよね。ただ唯一の得点者が、途中交代で入った若干17歳の善朗であったのが嬉しい。積極的なシュートからPKを奪い、蹴るのも当然自分だという迷いのなさ、しっかり決める強さ。それを見れて良かった。

今日は横浜と千葉が負け、勝った福岡がJ1昇格を決めた。愛媛の皆さん、美味しいみかんのお土産をありがとうございました。来季もJ2で良い試合をしよう。ぶっちぎるくらいの気持ちでいるけど。

帰りに友達と軽く呑んで解散。ゆったり好きなことだけやって過ごした休日。

ネットワーク問題もろもろ

お客さんのお宅のインターネットが繋がらなくなったと連絡が入る。午前はオフィスで仕事を片付けて、午後から逗子のお宅へ向う。プロバイダと少しやりの取りで復旧して、簡単に済んで良かったとほっとする。

するとオフィスのインターネットが繋がらなくなったと連絡が入る。こちらは緊急なので急いで東京へ引き返す。結果的にルータの再起動だけで直って、簡単に済んで良かったとほっとする。

正直、自分でなくてもできる対応だけど、電話、メール、IMが広まっても現場に人が行くというのは大事なことなのかな。それでお金になるのだから不思議だよ。

—–

ネットワークついでに。ソフトバンクが都心全域で上り帯域を64kbpsに制限中?というブログを見つけた。僕も計測してみた。いずれも iPhone 3G+Speedtestを利用。

港区 11/19 18:30 33kbps
豊島区 11/19 22:30 42kbps
立川 11/20 13:30 104kbps
八王子 11/20 16:50 99kbps

確かに都心の方が遅いようだ。ソフトバンクは改善すると言っているようだけど、パケット従量課金制になっていくのが自然の流れのように思う。仕方ないことなのか。

第6世代 iPad nano 1st レビュー

第6世代 iPad nano が届いた。不満もあるけど、楽しんでいる。このサイズでタッチスクリーンを使うのは新鮮。斬新で純粋なポータブル音楽プレーヤー。

第6世代 iPod nano

第5世代と比較して、スピーカー、ビデオカメラ、マイク廃止。ディスプレイは5世代は2.2インチ(240×376px)から1.54インチ(240x240px)にサイズダウン。そもそもビデオ再生機能なし。タッチスクリーン以外は iPod shuffle 並だ。

機能の激減は現 iPod nanoユーザの食指を動かさないだろう。iPod shuffle ユーザには使い勝手の良い新モデルが出た。普通に考えて、iPhone、iPod touch を所有している人には不要。どこにユーザ層があるのか今のところ判らない。携帯との併用くらい?
“第6世代 iPad nano 1st レビュー” の続きを読む

iPadについて3

思ったのは、僕はすぐに買ってしまえ。

理由は、Apple信者、流行もの好き、仕事柄必要、そういった面もある。ただ、今の僕は純粋に iPad を欲しいと思っている。発売が近づき批判的な意見も目にするが、最初の一歩としては十分のものだろう。

僕がやってみたいことは単純だ。iPad のプレゼンテーションでジョブスがやっていたように、ソファでくつろいでコーヒーを片手に雑誌を開くような感覚を楽しみたい。そのサイズと圧倒的な起動の早さは、ちょっとした事をサラッと済ませるのにちょうど良い。大きな作業は Mac/PC でやる。出先では iPhone で間に合わせる。以前は「ない」と思っていたパソコンとスマートフォンの間にスキマは「ある」んだ。

Jobs and iPad

具体的にやりたいことはいくつも挙がるが、もっとも僕が使いたいもはカレンダー。「iPhone がただ大きくなっただけ」と揶揄される事が多いが、このサイズがあればライフログの管理を手元で出来る!と直感した。この「手元で」がポイント。Mac/PC に向かって本腰を入れてやっていたら続かない。

iPad calendar

スケジュールと実際の行動、公開カレンダーと同期、Twitter のログと同期、ブログに公開した記事と同期、あらゆるメモ…他にも何か。とにかくまとめてしまう。twistory というサービスが Twitter のログを iCal 形式にしている事もヒントになった。

twistory

ちょっと楽しそうでしょ?新しいものは蓄積された情報から生まれると思うんだ。

今はログと関連する情報をどうやって紐付け、管理するか考え中。やはりクラウド系サービスあっての iPad だと思っている。EvernoteDropboxMobileMe、もちろんGoogleのサービス郡も候補。読んだ本は電子書籍とリンクしておけば本棚を縮小させることもできそう(しばらく先の話になるだろうけど)。

あとは、Apple と競合他社の争いがユーザにとっての不利益にならないことを祈るのみ。iTunes と Amazon は棲み分けすればいいじゃん。Google と仲良くしてもっとカレンダーを便利にしてよ。とかね。今のところ Flash と 3G に必要性は感じていない。

iPadを4月末に入手して、GWを全て費やしそうな自分がいる。

iPadについて2
iPadについて1

iPhoneのホーム画面20091102

使い方も随分落ち着いてきたiPhone。

撮った写真は人に迷惑がかからない限り、GPSデータ入りでblogかTwitPicにアップしてしまう。3Gの電話はほとんど使わないけど、Wi-Fi下でのSkypeは重宝する。SMS/MMSは一時の流行でTwitterにお株を奪われつつある。駅探+Google Mapは土地勘のない場所へ下調べなしで行けるので便利。

ヘビーユースのSafari、メール、スケジュール、iPodはタスクトレイに。WordPressの下書きもできる。Googleニュース、ウェザーニュース、iEphemeris(簡単天文情報)でスキマ時間をつぶすのも良し。

ちなみに同期は、スケジュール+メール+アドレス帳をMobileMe、ファイルをiDisk、メモはEVERNOTE(各環境で提供されるToolが便利)で行っている。自宅Macと職場PC(複数)を合わせて、仕事にも遊びにも上手く絡むようになってきた。

2009年10月の読書

その他。あれ?今月は小説を読んでないか?何か読んだ気がするけど。

悩む力
悩むことを肯定してくれるので気は楽になるが、著者の自己満足っぽい内容。

しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール
立ち読み。帯の「勝間和代を目指さない」が笑えたので読む。
10のルールの中には肯けるものも見つかる。でもベストセラーになるほどかな?
この後、著者と勝間さんが対談している。これも面白かった。

iPhone情報整理術 ~あなたを情報”強者”に変える57の活用法!
自分の知らない使い方だけ拾い読みするくらいが丁度いい。全ての機能を使いこなす必要なんてない。「あなたと私のiPhoneは違う」を忘れずに。

黒澤明という時代
帯に「すべての作品をリアルタイムで観てきた作家が読み解く映画と時代」とある。著者、小林信彦という一個人の語り口が身上。同世代や黒澤ファンにはたまらないのだと思う。僕にとって、黒澤明がすごい人だと知識を持ってはいても、やはり過去の人にすぎないんだよなあ。

ツイッター 140文字が世界を変える
Twitter入門。いまいち面白さが判らないという人にはおすすめ。とにかく触れてみることが近道だと思うけど、こういった本が出るほどTwitterが一般化してきたのか。

139,795円

一日にiPhoneをいじる時間を平均30分として、

30分×365=182.5時間

東京都の最低賃金が時給766円だから、

182.5時間×766円=139,795円

最低でも。自分の価値はもっとある(と信じたい)ので、この数字はもっと大きくなる。(めんどうなので中略)ここから導き出される結論は、iPhone 3G から 快適サクサク iPhone 3G S への機種変更はすべき!だ。

すごく欲しいんです。

(参考)3倍は早い。
iPhone 3G S vs 3G Web Rendering Speed

iPhoneはケータイと何が違うのか

@ITの記事、iPhoneやAndroidは、これまでのケータイと何が違うのかが僕の思うところを代弁してくれている。

写真はすべてFlickrなど共有アルバムに置き、TwitterやTumblrで情報を共有する。RSSでニュースを読み、予定やメールはクラウドでの管理を前提とする、というようなユーザーにはiPhoneは便利だ。

Mac標準のユーティリティ+MobileMe+iPhoneは生活を劇的に変える力を持っている。反面、ネットワーク負荷にまつわるであろう制限やハード面(特に電池)に問題もはらんだまま。もっと便利になーれー。