ファイナル・カット

ファイナル・カット

SFサスペンス。近未来、人々の脳には生涯の出来事を記憶できるチップ“ゾーイ”が埋め込まれ、死後に取り出して追悼会で上映していた。チップの編集者・アランは大企業社長の未亡人から、ある依頼を受けるのだが…

ライフログ(参照)というものに関心が集まる現代。この映画は地味ではあるが、その行く末を暗示しているのかもしれない。

チップの記録と自分の記憶とが違っていてショックを受ける遺族が居たり、チップの不具合から起きる、夢と現実の混合で美しい映像が記録されたりという細かい演出に感心する。何より、この地味な役にロビン・ウィリアムズを起用したことが素晴らしい。

監督オマール・ナイームは、これ以外の作品を撮っていないのかな?

Self-Reference ENGINE

Self-Reference ENGINE (文庫)

著者による驚異のデビュー作、2篇の増補を加えて待望の文庫化!

プロローグ+オリジナル18篇+追加2篇+モノローグ、22の独立した短篇から成り、それぞれが全体の大きな世界観を作り上げる。その構成、奇抜な発想は星新一を思わせる。

読み始め、なんだこれ!?と戸惑った。回りくどく難解で冗長に思える言葉の羅列。この物語は何を伝えたいのか、自分はちゃんと理解できているのか、不安を抱えながら読み進めた。そのうち想像力や好奇心をかきたてられ世界にのめり込んで行けた。読後感は素直に面白かった。物語のネタはどこかで見聞きしたようなものが多いが、それを言葉でいじくりまわすことで良い作品に仕上がっている。

紹介文

彼女のこめかみには弾丸が埋まっていて、我が家に伝わる箱は、どこかの方向に毎年一度だけ倒される。老教授の最終講義は鯰文書の謎を解き明かし、床下からは大量のフロイトが出現する。そして小さく白い可憐な靴下は異形の巨大石像へと挑みかかり、僕らは反乱を起こした時間のなか、あてのない冒険へと歩みを進める

言葉遊びを楽しむ一冊。

宇宙旅行はエレベーターで

宇宙旅行はエレベーターで

軌道エレベータ、または宇宙エレベーターに関する一般向けノンフィクション。ケーブル部分がたった1400トン。打ち上げ時のスペースシャトルより軽いのだたったの100億ドル、1兆円である。本州と四国を結ぶ橋一本分で出来てしまう。Science FictionではなくScience Factな本。

2009年9月の読書

その他。今月は読書メモを久しぶりにポストした。

アイの物語
SF。人類が衰退しマシンが君臨する未来。ひとりの青年と美しきアンドロイドがつむぐ物語。読みやすくて面白い。ちょっと軽すぎる。

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち
名著。再読。コンピュータエンジニアの鉄板本。熱い気持ちになるよなー。

未来形の読書術
平均的な内容。すでにWeb上で多くの誰かが語っている。

ちょいデキ!
いまいち。ガツガツ上を目指すだけではない、淡々と目の前にある仕事をこなす道もある。ひまつぶし、頭のリラックス程度に。

モテたい理由
だめ。表題と内容が違う。赤坂真理さんのエッセイ。

ケータイチルドレン 子どもたちはなぜ携帯電話に没頭するのか?
面白い。若者+ケータイ=悪、なんてことは書いてない。かなりのデータを裏づけとして、ケータイを見極めようとする本。大人(年寄り)は、ケータイというたったひとつのツールがあるだけで、若者に偏見を持ってしまう。人の本質なんて短期間にそうそう変わるものではない。

王道のSF「ストーカー」を読んだ

ストーカー
ストルガツキー兄弟
★★★★☆
Masamichi Shimomura

あるとき異星人の「来訪」があった。彼らは人類にまったく接触することなく、痕跡「ゾーン」のみを残して地球を去っていった。ゾーンは人生そのものなのか?ハードSFの世界観、主人公のハードボイルドな生き様、王道のSF。強くオススメできます。映画化されているので、今度観てみる。

石田衣良「ブルータワー」を読んだ

ブルータワー
石田衣良
★☆☆☆☆
Masamichi Shimomura

脳腫瘍に侵された男が、殺人ウイルスが蔓延する200年後の世界に、意識だけ飛ばされる。タイムリープと終末ものを合わせたSF。この設定を生かした冒頭が面白い。中盤以降の展開やインパクトがいまひとつ。

終末の後「ザ・ロード」

ザ・ロード」を読む。ピュリッツァー賞作品。

帯でも、多くの読書ブログでも、Amazonのレビューでも、とにかく読め!とばかり。読みました。読み始めたら止まらなかった。そして僕も、とにかく読め!と言おう。

道は進むからこそ道であり、進まずに立ち止まった時そこは終点でしかない。なぜ世界はそうなってしまったのか?小説の主題はそこになく、父子の歩みについてだけ書かれている。力強い物語と向かい合うには力がいる。この本を読むことは、同時にこの父子と道を進んでいる錯覚を起こさせる。そして詩的に描かれる情景、心情に触れるたび、心が動かされた。

終末SFものと言われることが多いようだが、終末劇の終わった後にあるヒューマンドラマ。傑作。

カール・セーガン 科学と悪霊を語る

カール・セーガン 科学と悪霊を語る」を読む。

あえてカテゴリをSFとしておこうか。

似非科学、懷疑主義、宗教とは信じること、科学とは疑ってみること…いろいろ考えたが、まだ右往左往。アメリカ版の大槻義彦教授と思えばとっつきやすいかも(失礼か?)。宗教と科学に相対主義は成立するか?とか、考えすぎ、俺。